悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 高河 ゆん 
  • 角川書店
3.47
  • (5)
  • (8)
  • (14)
  • (2)
  • (1)
  • 本棚登録 :152
  • レビュー :12
  • Amazon.co.jp ・マンガ (164ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207888

作品紹介・あらすじ

生徒が全員暗殺者の全寮制女子高10年黒組でたった1人命を狙われる生徒、一ノ瀬晴。同じく彼女を狙う暗殺者として転校してきた東兎角は次第に晴のあたたかさに惹かれていく。暗殺者達の過激な学園生活、スタート!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 目的の説明をひっぱりすぎ。
    設定を飲み込めないまま1巻が終わるので、イライラします。

    いったい、なぜ暗殺しなきゃいけないの?

    絵はとても良いと思います。高河ゆん先生バージョンも見てみたい気はしますが。

  • 病んでいるキャラが多い作品。
    本当に彼女がターゲットなのでしょうか…
    私は違う様な気がするのですが…、本当はどうなのでしょうか?
    暗殺者達のバックグラウンドが気になりますね…
    卒業するまでに何人残っているのか?そもそも、卒業出来るまで生き残れるのか?だよね…

  • アニメ観てからだと面白さがかなり違う.
    それにしても兎角が学園を裏切って晴の味方になるところはもうちょっと理由付けが欲しかったかな

  • 人を魅了し、自らの身を護らせる能力を授かってしまった少女に、その能力の強さを確かめるために13人の暗殺者が仕向けられる。絶対絶命の少女だが、彼女はいままで護ってくれた人のために絶対に生き残る事を決意していた。その少女の決意なのか少女の力なのか、13人の暗殺者の1人東 兎角は少女を護ることを選ぶ。果たして少女は生き残れるのか、12人の暗殺者とは一体、、、。

  • アニメ放送時、あるネット上のコメントで、「この作品は(学園、美少女、アクションなどの点で)やりたいことがはっきりしている」という趣旨のものを見ました。確かにこの作品から(少なくともこの巻では)、ある種のシチュエーションを作り上げようとする力を強く感じます。
    12人の刺客と1人のターゲットが同時に通う教室。傷だらけなのに笑顔のターゲット。彼女をなぜか守ることにした主人公。それぞれ裏の面を持つ、クセ者の殺し屋達。まるで事情を知らないかのような担任。時々謎を送りつける上官の先生。そんな暗殺クラスを定期的に開催する学園。
    これらの「なぜ?」をほぼ説明することなく、物語はとにかく始まって一気に突き進みます。読者への情報は制限され、黒組生徒への情報はより制限され、兎角への情報もより制限され、一体全てを知っているのが誰なのかを予想させません。

    そういう意味で、作品としての「やりたいこと」が優先され、その理由が作品そのものの「謎」(リドル)として組み込まれているという点が、面白いです。
    アニメ5話くらいまで観終わった状態で購入し読了して、アニメはそれより先のエピソードをこれから見ますが、アニメ版とこの原作とで、それぞれどのように謎の答えが出されるのかについて、注目したいです。

  • この頃アニメ見てるので伊助様と春ちゃん(っていうと同じ音だけど)のお話が結構あると知り読んでみました。原作者伊助様好きそう(笑)ってことだけはわかりました(笑)。

  • ※登場人物は暗殺者ばかりですが、アクション漫画ではありません。アクションシーンもかわいい女の子たちがいろんなポーズをとっているだけです。

    これはかわいい女の子たちが、殺伐やらほのぼのやらロミジュリやらで百合百合する様子を眺めて楽しむための漫画です。

    http://comic-walker.com/contents/detail/KDCW_KS07000003010000_68/ 
    ↑最新話配信中

  • 「悪魔のリドル」
    MBS 毎週木曜日 26:19~
    キャスト:諏訪彩花、金元寿子、南條愛乃、櫻井孝宏、杉田智和
    http://akuma-riddle.com/

  • 10人の女子高生アサシンが、1人の女子高生(晴)の命を狙う、という物騒な女子高ファンタジー。主人公(兎角)は、アサシンの1人であったが、晴を守る側に回って一人で奮闘する。
    作画は南方純という若手の漫画家で、原作は高河ゆんが担当。「いかにも高河ゆん的な作品」(独特なセリフ回し、唐突な場面転換や回想シーン、登場人物に課せられた重たい使命とささやかな希望のギャップ、etc)なので、高河ゆんのファンならすんなり読めるけど、高河ゆんが苦手だと、読むのはかなり辛いかもしれない。2014年4月よりテレビアニメ放映開始。

    南方純のpixivサイトはこちら:
    http://www.pixiv.net/member.php?id=209109

  • 12人の暗殺者と1人のターゲットのお話。
    晴の謎も気になるし、今後に期待。

全12件中 1 - 10件を表示

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

南方純の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

悪魔のリドル (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする