超級! 機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗! (8) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 島本和彦
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店 (2013年7月25日発売)
3.64
  • (0)
  • (7)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :62
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041207963

作品紹介

仲間たちが次々にギアナ高地を脱出していく中、一人ギアナに残るドモン…そう、彼には決着を付けねばならぬ相手が居たのだ。ついに登場するゴッドガンダム!! 新宿・東方不敗完結巻!!

超級! 機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗! (8) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • あれっ?って思ったけど、新宿・東方不敗編は完結。次の舞台はネオホンコン!帯の通り、「さらば、シャイニング。そして、行くぞゴッドガンダム!!」な巻。明鏡止水。ありがとう父さん。しかし、あんた準備いいな。

  • 新宿・東方不敗!、完結。

    ドモンも、これで、さすがにふっきれたのかな。

    この吹っ切れなさと、吹っ切れたときの描写は、島本得意の展開です。
    まあたまに、「仮面ボクサー」みたいに、吹っ切れるまでに時間かかりすぎな人もいますが。

    マスター・アジアのキャラもいいわぁ。

    元気出ます。

  • 新宿・東方不敗編の最終8巻、読みました。
    クライマックスですね。

    流れ的には、アニメと同じような感じなんですが、ずいぶんボリュームアップしている。
    初期の頃はギャグ成分が多かったけど、ここに来て面白い展開になってきた。

    シャイニングのスーパーモードって、アニメではミカムラ博士が開発してカッシュ博士に欠点をしてきされてたんだけどね。
    こっちでは、ドモンの父親であるカッシュ博士がベースを開発したことになっている。
    ゴッドガンダム自体もミカムラ博士が開発したんじゃなくて、カッシュ博士がドモン用に造ったことになっているし。
    個人的には、こっちのほうが納得できる気がするな。
    おそらくドモン博士は、自律タイプタイプであるアルティメットガンダム(デビルガンダム)に、少なからず暴走の危険性を感じていたんじゃないかな。
    だから、アルティメットガンダムに対抗できるゴッドを残したんじゃないかな?

    次回からは、ネオホンコン編。
    新シャッフルの面々も、新型の機体を手に入れている様子。
    そっちも期待です。

  • 最近ちょっと…筆字風の字体がマンネリ化してるような(,,Ծ‸Ծ,,)

全4件中 1 - 4件を表示

超級! 機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗! (8) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

島本和彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

超級! 機動武闘伝Gガンダム 新宿・東方不敗! (8) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする