コードギアス 漆黒の蓮夜 (7) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 谷口 悟朗 
  • 角川書店
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208236

作品紹介・あらすじ

ダッシュ、ロレンツォ、C.C.…それぞれの思惑と、「ギアス」の宿命に絡め取られた少年・蓮夜が掴む未来とは…。“ギアスの根源”を辿る物語ここに堂々完結。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最初は面白いかな?と思ったのですが、最後のバタバタ終わらせ感がハンパ無い。
    ダッシュと蓮夜の父親とのつながりとか(多少は書いてあるけど)、クレアが何故、日本にいたのかとか、U.U.とかV.V.とか、ハルティアのこととか・・・勢いで押した感じ。
    細かい所が気になってクレアが望む理想の国の話が入ってこなかった~<(; ^ ー^)。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

奈良県出身。代表作に「コードギアス ナイトメア・オブ・ナナリー」「天元突破グレンラガン -螺旋少年譚-」「コードギアス 漆黒の蓮夜」「ロードス島戦記〜灰色の魔女〜」(以上、角川書店)など。多数のコミカライズを手がけ、ド迫力のアクションとバトル描写に定評がある。

「2016年 『黒の創造召喚師』 で使われていた紹介文から引用しています。」

たくま朋正の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×