シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 南北
  • 角川書店 (2013年8月23日発売)
3.24
  • (11)
  • (11)
  • (22)
  • (9)
  • (5)
  • 本棚登録 :224
  • レビュー :19
  • Amazon.co.jp ・マンガ (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208243

作品紹介

赤い流れ星が落ちた次の日の朝、とあるアパートの一室で目覚めた男は、それまでの記憶を全て失っていた。彼は「シャア」なのか? それとも単なる他人の空似か? 謎が謎を呼ぶ? ネオ・ガンダム・ギャグ!!

シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 話題になっているようなので(ガンダム好きの間で)読んでみました。
    ガンダム史上最高のネタキャラ、赤い彗星の日常。

    それなりに面白かったですが、すでに“ガンダムさん”とか、“トニーたけざきの…”というガンダムギャグもあるし、ちょっと神様と仏さまの同居を彷彿とさせるところもあるし、ちょっと中途半端かな。

    このキャラ、このネタはハードル高いですね。
    決して出来が悪いというわけではありません。
    みんなの期待値が高すぎるという事。

  • それにしてもシャア・アズナブルほどツッコミがいのあるキャラはいないのではないだろうか。赤が好きで、顔を隠すのが好きで、キザな台詞。。。このマンガはもしシャアが記憶を喪失したら。。。とゆう内容。まだ1巻まで読んでないが回復する気配なし。どうなるのかな?((^▽^))

  • シチュエーションは『聖☆おにいさん』のパロディ。
    ……ごめん、私には笑うにはちょっと辛かった。シャア(あるいは彼に酷似した誰か)の記憶喪失(?)縛りと中途半端な不条理ギャグ展開が苦し紛れっぽくていたたまれなくて、そこが肌に合わないんだと思う。
    付け加えると『トニーたけざきのガンダム漫画』などガンダムネタギャグ自体は大好きです。

  • カバーの、襖をバックに炊飯ジャーを抱えるシャアに期待をして購入したのだが……期待外れだった。残念

  • ファーストガンダムはひととおり見たよ~程度の人間なので…いやでもじわじわ笑える。☆3.5

  • 1巻まで所持

  • 読了。セイラがヘン

  • あんまりガンダム詳しくないんだけれど、赤い彗星シャアはええとこの坊っちゃんのイメージ(^-^;)そのシャアが記憶をなくしてアパートで貧乏生活(;゜∇゜)なんだか昭和の香りが漂う面白い作品だった♪もっといろんなシャアを見てみたい!

  • 機動戦士ガンダムに登場する、シャア・アズナブルが記憶喪失になり庶民として日本で生活することになったという設定の漫画。色々と抵抗感のある場合もあるが、絵としてきちんと描かれている為意外とすんなり読める。

  • そこそこおもろい。
    「聖おにいさん」がいかによくできているかも再確認できる。

全19件中 1 - 10件を表示

シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

南北の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

シャアの日常 (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする