強殖装甲ガイバー (30) (カドカワコミックス・エース)

著者 : 高屋良樹
  • 角川書店 (2013年9月25日発売)
3.47
  • (1)
  • (7)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :80
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・マンガ (152ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208342

作品紹介

アポルオンに拉致された瀬川兄妹は絶海の孤島で目覚め、謎の青年と出会う。兄妹の行方を求めるガイバー達は仇敵である十二神将・シンとの電撃的な会見に臨んでいた…!ガイバー新形態も登場のガイバーサーガ最新刊!

強殖装甲ガイバー (30) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 30巻、読みました。

    もう30巻か。
    長いな。
    始まってから28年とか・・・・・・あと何年で終わるんだろう?(^^;)

    で、今巻ですけど、
    表紙でビックリ!
    これ、ガイバー?
    また、ガイバーモドキのゾアノイドかと思ったら、
    まガイバーの新形態ですよ。
    今度は、何を利用してこの形態を利用したんだろう?
    ・・・・・・・アプトム?!Σ(゚Д゚;

    「ガイバー・アプティオン」というらしい。
    以前は晶の命をあんなしつこく狙っていたのにね。
    今じゃ最強タッグですよ。
    今後も、活躍してほしいね。

    そして、アポルオンに攫われた哲郎と瑞紀は、シラー島に連れて行かれましたよ。
    しかも、眠っている人間形態のアルカンフェルと邂逅・・・・・これって、
    ・・・・・やっぱ、アポルオンの正体は・・・・イマカラム=村上さんしか考えられんよな。
    一体、何をしようとしているのか?!

    話がなかなか進まない本作。
    次巻は、いつ読めるのかな?

    楽しみに待とう。(;´∀`)

  • ガイバー生誕28周年!って帯に一番驚いたwコレの存在を知ったころはウチもまだ小学生だったよ。まだまだ話も盛り上がっていて謎も増え続けている感じだが、しっかりと纏めていただきたい作品だ。久しぶりに最初から読み返したくなったよ。

全2件中 1 - 2件を表示

強殖装甲ガイバー (30) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

高屋良樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

強殖装甲ガイバー (30) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする