水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (1) (カドカワコミックス・エース)

  • 64人登録
  • 2.71評価
    • (0)
    • (2)
    • (9)
    • (5)
    • (1)
  • 6レビュー
著者 : 吉原雅彦
制作 : 朝霧 カフカ 
  • 角川書店 (2013年8月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208465

作品紹介

平凡な女子高生・水瀬陽夢は、ある日、不気味な男に誘拐されてしまう。間一髪の所を元探偵の古鉄に助けられた陽夢は、彼と共に事件の謎を追うことに。だが、これは混沌と狂気が渦巻く世界への幕開けだった――。

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (1) (カドカワコミックス・エース)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 深いところはなさげ。
    神話の比較から
    日常生活用に類推能力を
    高めることを目的に
    本を選ぶことの多い今日このごろ、
    クトゥルフにも手をつけるのに
    ハードルが低くかつ
    楽しめそうで選んだけれど
    知りたいことと
    実際の内容はすれ違った。
    全巻読了のレビュー。

  • 方向性が分からない謎漫画。クトゥルフを謳っているが、どこが?というツッコミが必要。なにもかもが中途半端だみょん。

  • どうやら、薬のせいで邪神になっちゃう女の子の話かな。
    今は、脳天気な感じですが、悲惨にグロくなっしまう感じが濃厚です。

    邪神に対抗するための武術ができる人や、超天才詐欺師など、日本のクトゥルーらしいキャラもでてきます。

    ナイアーラトテップ的な名前の人も出ています。

  • 「本当はこわい」もなにも、クトゥルフ神話って最初から怖いものだと思っているのだけど・・・。
    なんだろう。
    ニャル子さん基準なんだろうか?

    「みょん」っていう語尾がスッゲェ苛つく。
    いまどき不思議語尾て・・・ちょっと時代を遅取りしすぎじゃないかな?
    流石はクトゥルフ。
    っていうか、語尾といい名前といい、もしかして元ネタは東方プロジェクトの妖夢なのだろうか?

    推理して真実を言い当てているのではなく、結果が先にあって、それに合うような推理を考えた感じになっている印象というか・・・。
    理詰めの推理ではなく、推理者が言ったことが“話の都合で正しい結果となっている”といった感じ。
    要は推理に納得できない。
    そして、異界の存在が明らかになたことで、今後は更に推理要素が希薄になっていくんだろうなぁ。

    ていうか、どこがクトゥルフなの?
    取り憑いてる精神存在がクトゥルフっぽいけど・・・。

  • タイトルとか、キャラのルックスやら色々と巷で言われてるのであんまり期待せずに読みました。
    期待せずに読んだせいかどうかはわかりませんが、普通に面白かったかなという印象。ただやっぱりタイトルから受ける期待感は満たされなかった。
    ネットの原作? を見たことがないというのもプラス要因?(マイナス要因にならなかった)のかも。

  • 怖くなかった。1巻時点ではクトゥルフ要素があんまりない。

全6件中 1 - 6件を表示

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

吉原雅彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

水瀬陽夢と本当はこわいクトゥルフ神話 (1) (カドカワコミックス・エース)はこんなマンガです

ツイートする