日常 (9) (カドカワコミックス・エース)

  • 角川書店
3.98
  • (54)
  • (63)
  • (43)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 842
感想 : 43
  • Amazon.co.jp ・マンガ (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208809

作品紹介・あらすじ

普段はおとなしめな謎の女子高生・麻衣のまわりにはロボやら大福やら謎なものでいっぱい。九巻でもシュールなのかかわいいのか予断を許さない日常。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 最近落ち込んでいることが多かったんですが、
    声出して笑いました。
    三回くらい。

    漫画で声出して笑うって凄い。
    しかも「フフッ」程度じゃなくて爆笑。

    ある時期からみおちゃんのツッコミキャラとしての
    語彙の多さにハマるようになりました。
    「凡説だよ!」も勢いが良すぎます。

    ゆっこが散々人違いをされたあの人が登場したり・・!
    河原で友達だと思ってジュース渡したら違う人だった
    というシチュエーションそのものでもう笑う

    フェッちゃんとウェポシーで笑ったことなかったんですが
    中村先生たちの物語で背景として登場しているのを見たとき
    爆発的な笑いの衝動に襲われました

    いやあ、すごいなー
    どこから球を打ってくるか全然わからないのに、
    「奇をてらおう!」という気負いや嫌味がないので読みやすいし
    あっというまに読み終わってしまいました。たのしい。

  • 東雲家の話をもっと読みたかった。
    けど、「日常」がシュールだし、愛だし、ほのぼの感はこれまで通り。
    Eテレでアニメ化またしてほしい!!!

    一番笑ったのは、ゆっこ母のツッコミでしたw

  • みさとのベタベタの妄想話がたのしめました。まな板のようなシュールなギャグが本シリーズの本筋だとは思うのですが、個人的にこういうニヤニヤしてしまう話が好きなので。

    本巻最後のエピソードは、はかせが高校生になったすこし未来の話です。ロボットですがちょっとお姉さんぽくなったなのと、あいかわらずツッコミ役の阪本、そして東雲研究所の居候となった中村先生が登場します。ゆっこが帰国するという知らせに、小さいころとおなじようにテンションのあがるはかせにほっこりしました。

  • ぼーずが購入、いまはいっしょにアニメの再放送もみているところ。
    日常の146〜172

    はかせとなののお絵かき対決が好き。アメニモマケズカゼニモマケズ歩きながら本を読む(集中しつつ周囲への注意も切らさず!)麻衣ちゃん、好き。高崎先生の恋の行方はいかに。そして謎すぎるミニまな板。最後の回ははかせが高校生になっている近未来風でゆっこは海外にいるらしいけれど、この先1巻でいったいどう回収されていくのだろう。

  • ‪ほんとに前衛的だなー(^◇^;)‬
    ‪深く考えてなさそうな下らないネタをとことん拡大させた感じのギャグのオンパレード。‬

    ‪今巻は、麻依の相変わらずの無敵感と熱を出した時の周りの見え方が面白かったです(^_^)‬

  • 今回も笑わせてもらった。
    笑うたびに悔しいとも思ってしまう。

  • 繝「繝溷エ?譽ョ蟠?縲∵。應コ輔?∽クュ譚代?蜈育函繧ウ繝ウ繝薙?荳芽ァ帝未菫ゅ′縺?h縺?h迴セ螳溷袖繧貞クッ縺ウ縺ヲ縺阪◆縲
    縺ソ縺輔→縺ョ螯?Φ縺ッ縺?▽繧よ怙鬮俶スョ縺?縺ェ窶ヲ縲
    縺昴@縺ヲ縲∽ク?逡ェ譛?蠕後?隧ア縺悟シキ辜医?ゅ→縺?→縺?擂縺溘?∵悴譚・縺ョ隧ア縲ゅワ繧ォ繧サ螟ァ縺阪¥縺ェ縺」縺溘↑縺ゅ?る亂譛ャ縺輔s髟キ逕溘″縺励※繧九↑縺ゅ?

  • 978-4-04-120880-9 162+2p 2013.12.10 初版

  • "「相生祐子です」
    「え!?なんでこの流れで自己紹介なの!?」
    「…………」
    「自己紹介しないのかよ!!!」
    「水上麻衣ちゃんです」
    「自分でしないのかよ」
    「水上麻衣ちゃんです」
    「ちゃん!!?」"[p.142]

  • はかせの方が ひきわけじゃ ないけど!!

全43件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1977年生まれ。群馬県出身。2006年に「コミックフラッパー」にてデビュー。その後、「月刊少年エース」にて同年、『日常』を連載開始。同作は2011年にテレビアニメ化もされ、2012年には『日常 Eテレ版』としてNHK Eテレでも放送。大きな反響を呼んだ。
2015年『日常』連載終了後、約1年の準備期間を経て2017年から「モーニング」にて『CITY』を週刊連載中!

「2021年 『CITY(13)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

あらゐけいいちの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×