超級! 機動武闘伝Gガンダム 爆熱・ネオホンコン! (2) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
制作 : 矢立 肇  富野 由悠季 
  • 角川書店
3.45
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 65
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041208830

作品紹介・あらすじ

ガンダムファイト決勝リーグ開始! 初戦の相手は強敵ゼウスガンダム!優勝候補と名高いマーキロットに対し、ドモンはどう立ち向かうのか!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何故ドモンはゴッドガンダム内で父さんと会話が出来るのかと疑問を持ちつつ。決勝戦消化試合中。中華料理が食べたくなるよ。落ち着いて食えよドモン。やっぱり師匠、ドモンのこと大好きじゃないか。

  • 2巻読みました。
    放浪編から数えると・・・・・・17巻目か。
    長い連載になったね。

    今回も、無駄に暑苦しいです。
    特に戦闘シーン。
    ドモンの台詞が描き文字になると、もう画面がねw

    今巻では、ゴッドvsゼウス
           マックスリボルバーvsゼブラ
           ゴッドvsコブラ
           シュピーゲルvsバイキング
           ゴッドvsマンダラ
    と、多かったですが、vsコブラ戦とvsバイキング戦は、もう消化試合のような感じだったね。
    マンダラガンダムは、さすがにしっかりストーリーが描かれていた。
    アニメより暑苦しかったのはw言わずもがな。(^.^;

    次巻も、きっと暑苦しいよ。
    けど、読むね!w

  • 予約済

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

監訳を担当した島本和彦は、1973年に創刊された「月刊バスケットボール」の創刊編集者で、後に長く編集長を務めている。NBAのテレビ放映のはじまった1987年より解説を担当し、分かりやすく親しみやすい口調でNBAやバスケットボールの普及に貢献してきた。コービーの所属していたレイカーズの先代オーナー、ジェリー・バス氏とも親交が深く、歴代のエースたちへの取材も数多くこなしている。MJなきあとを支えたコービーにはルーキーの時から取材し、その身体的・精神的変化を細緻に見つめてきた。

「2019年 『KOBE BRYANT THE MAMBA MENTALITY HOW I PLAY』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島本和彦の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×