アルカナ 上 (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • 角川書店
3.22
  • (2)
  • (0)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・マンガ (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041209240

作品紹介・あらすじ

捜査一課の刑事村上はとある事件をきっかけに霊と話すことができるという記憶喪失の少女まき(仮)と出会う。彼女と共に様々な事件を解決していく中、次第に彼女の正体が明らかになっていき…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 霊能者と刑事のタッグプレイで事件を解決、な内容。
    私的にはゴーストハントとかなるしまゆりさんの世界な感じを受けた。
    カルラ舞うみたいにとっぱらうタイプの話ではなく。
    主人公が強気じゃないところがなおさらそうなのかな。
    上巻は大事件が始まる前の短い話を何篇かという感じ。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

『おっとり捜査』でデビュー。
代表作は『死刑囚042』、『ARCANA』、『LICENSE ライセンス』他多数。
現在コミックタタンにて『殺人プルガトリウム』を連載中。

「2019年 『殺人プルガトリウム 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小手川ゆあの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×