ナナマル サンバツ (7) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.89
  • (16)
  • (33)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 323
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・マンガ (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041209417

作品紹介・あらすじ

御来屋vs芦屋、同校対決の行方は。そして、ついに迎えた決勝ラウンド。しのぎを削るトップ3、麻ヶ丘例会の頂点を制するのは果たして!? すべての戦いが終わった時、文蔵クイ研の夏がはじまる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  くっ、7巻で3人・・・しかし、押しボタンは復帰を果たした。
     表紙の法則は解き明かせそうにない。

     女子高での例会編が完結。
     一番盛り上がるスタンダードな決勝戦は、マンガ的には冗長になるから大胆に割愛。

     そして『夏』。
     まぁ所謂、水着回である。
     学校でのスクール水着ではあるが、これはこれでまたよし。
     しかし、ヒロイン二人構成ならヒトリハヨウジタイケイデアルベ・・・げほげほ。
     しかし、ここで水着を持ってきたという事は、合宿で水着は無いのか・・・。
     合宿は合宿で水着があるのか。

     クイズと少年漫画の相性も良い。
     伝説の達人の現役復帰を賭けたクイズバトルとか少年漫画としても、クイズマンガとしても熱い。
     チーム戦の大型クイズ大会も予告され、わくわくが絶えない。

  • さてさて、例会も終わりましたね。
    アルティメット逆光眼鏡がチートで優勝を飾りました。いや、オールラウンダーって強いのよね、極端が無い分穴も無い訳で

    今回からまた一旦日常に戻ってきました。好きなんですよこの作者さんの描く日常から目的を固めて進展していく物語が。
    ここからどう作品が動くのか、期待ですね

  • ついに例会編終了。いや~思った以上に長かったよ(^^;)そして笹島部長格好良かったよ♪で、例会が終わったらお約束(?)の全国大会。でもその前に何時か出てくるだろうと思っていた深見さんお兄ちゃん編。今回も良い所で終わったから、ヤキモキしながら暫く次の巻が出るまでお預け状態だ・・・

  • 深見・兄はやっぱりすごい……。そして文蔵の部長が深見兄を呼び戻そうとしているのだとか。深見兄妹の戦い。も面白かったけど、井上君の何気ない一日の物語になんだか心打たれました。

  • まさかの真理VSお兄ちゃん。
    笹島先輩のほうがよっぽどお兄ちゃんしてた!
    井上のお話は、息抜きに丁度よかった。

  • 御来屋ぎゃんわいいよ〜〜〜
    例会編終了して夏がくる!西日本勢も登場か!?その前に白熱の兄妹対決!井上の話いいな〜って

  • 今回も熱かったですね。クイズという題材でここまで熱い漫画を描くことが可能なのだなと。部長のかっこよさもさることながら、脇役だった大将に光があたったあたりがgood!!杉基さんの絵は相変わらず好きです。真理ちゃんどうなる??次巻が楽しみです。

  • 御来屋君と越山君のお互いに影響し合うライバル関係、ここにきてようやく真の仲間感が出てきたタイショーと、実に良い青春ストーリー。4巻に渡って続いた例会も終了し、次の目標は全国大会。その前に決着を付けなければならない相手がいるようですが。

  • 例会面白かったー!井上くんいいキャラだなー。

  • 例会終了。笹島先輩がかっこいい巻でした。ついに真理の兄誠司が登場。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

地元・北海道での同人活動を経て、2000年、ゲームコミカライズ作品『テイルズ オブ デスティニー』(くおん摩緒名義)にて商業誌デビュー。2004年、現在の杉基イクラに改名。主な作品に『サマーウォーズ』(原作:細田守、キャラクター原案:貞本義行)、『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』(原作:桜庭一樹)、『ナナマル サンバツ』などがある。

「2022年 『角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 北里柴三郎 近代日本医学の父』 で使われていた紹介文から引用しています。」

杉基イクラの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×