紅殻のパンドラ (3) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.69
  • (9)
  • (18)
  • (20)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 228
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・マンガ (132ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041209882

作品紹介・あらすじ

全身義体少女・七転ネネと毒舌ネコ耳アンドロイド・クラリオンの凸凹コンビの新生活が幕を開けたのだが…人工リゾート島・セナンクル・アイランドに新たな脅威が迫る!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 大事件が終わってひと段落の巻。

  • すごく面白くなってきている。ストーリーがパターン化しているのは、しているんだが。良い感じ。

  • いい加減レポーターがうざくなってくるのだが?
    そこも込み込みなのか?

    基本SFだと思っていたのに
    福音が魔法少女(昔風)になっているんだが!?
    まぁ何だ(ミンキーモモかよ!?)…うん…

    ゲルコマ達が可愛くなっていく

    そして今巻もクラりん可愛い

  • パンドーラデバイスでジャグリングしたり、救急救命士になったり、料理人になったり。
    キャラがやはり可愛くて、話もほんわかする感じで和みながら読めて楽しかった。

    ストーリーはそろそろ進展するのかな…?

  • ちょいちょい出てくるSF要素が楽し…かった?
    うーん、いまいち燃えも萌えもしない。主人公チートでもそんなに楽しめなかったです。

  • この世界にもメガテク社がありそうだw セブロ社や阪華精機もあるし。そういえば社長ににているのが掃除してた。
    救済施設の監督官が復興支援所にゲスト出演。

  • 3巻にしてようやく成長というテーマが出てきましたね。しかしネネちゃんはハイスペックだなあ。

  • 相変わらず絵は綺麗。
    何でもできる主人公設定だと話に起伏がなくなるから、
    そろそろ話を動かして欲しい気はする。

  • 3巻読みました。

    相変わらず、義体少女と人造娘がれずれずしてますな。
    しかしこの作品、話がどう言った方向に進むのか、イマイチ読めない。
    今巻では、義体少女が電脳スキルを利用して人助けってのが定番だった気がするね。
    でも、ラストでなんだか1人だけシリアスなラスボスっぽいのが出てきましたよ。
    今後は、コイツの繰り出す輩と対峙することになるのかな?
    崑崙八仙のおばさまが、見た目や行動がアレなのに、ホントは凄い人なんだとわかった・・・・・けど、どうして本性はああなってしまったかね?
    ひきこもりをこじらせたらああなってしまうんだろうか?(^.^;
    ・・・・・・気をつけなくてはイカンな。(-.-;)

  • ななお嬢様のvip待遇がおかしかったw
    二人で仲良くるんるんして周りから温かい目でみられてるとほっこりする

全11件中 1 - 10件を表示

紅殻のパンドラ (3) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

六道神士の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

紅殻のパンドラ (3) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする