未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物 (1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・マンガ (135ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041210000

作品紹介・あらすじ

「初音ミク」をモチーフとした、SFロードムービー。記憶を失った少女・アスミと、主人を亡くしたロボット・アシモフ。たったひとりアスミが覚えていた「緑の髪の女の子」に再会するため、宇宙を巡る旅が始まる!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【あらすじ】
    「初音ミク」をモチーフとした、SFロードムービー。記憶を失った少女・アスミと、主人を亡くしたロボット・アシモフ。たったひとりアスミが覚えていた「緑の髪の女の子」に再会するため、宇宙を巡る旅が始まる!

    【感想】
    SFは小説はもちろんマンガもあまり読んだことがなくて、少しチャレンジしてみようと気持ちを構えて読み始めた。初めは場面の移り変わりについていけず、あたふたしてしまったけど、だんだんと慣れて楽しくなってきた。この世界観もすごいけど、その中にある人の心の繋がりが優しく感じられたのがよかった。だから、読み終えたときには、構えていた気持ちはこれっぽっちも残っていなかった。これをきっかけに、ほかのSF小説とかマンガも読んでみたいと思った。

  • いい話ではあるのだろうけど…

    しかしなんで皆ボカロの名前?

  • 主人の遺志を継いで運び屋を続ける旧式ロボットのアシモフ。彼は一枚の似顔絵を握りしめた記憶喪失の少女アスミと出会い、似顔絵に描かれた女性の元へアスミを届ける約束をする。どこの誰かもわからず似顔絵だけを手掛かりに、二人は女性を探す旅をする。

    ロボットのアシモフの純粋さが心にしみる作品。

    似顔絵の女性が「ミク」と同じ外見らしい。が。これでミクだとわかるのはスゴイ。私にはわからなかったよ!!
    この一点以外は、心温まる優しい短編揃い。出てくる舞台もSF風、現代風、ファンタジー風と色々あるので飽きずに楽しめた。

    登場人物はミクを始めとしたクリプトン6兄弟が様々な役を演じているという趣向。ちょっとややこしいけど、いろんなミクが見られるという点は面白い。

    2014.04.15現在、PV公開中。アドレス→http://www.kadokawa.co.jp/sp/201312-02/

  • ロボットと少女がミクそっくりな人達に会いにいく……ミクも好きですが二人の支えあう姿に心にじーんとしました。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

漫画家・イラストレーター。「交響詩篇エウレカセブン ニュー・オーダー」(全2巻)、「未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物」(全2巻)など。

「2018年 『オーバーロード (10) ドラマCD&ステーショナリーセット付き特装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物 (1) (カドカワコミックス・エース)のその他の作品

深山フギンの作品

未来デリバリー ちいさなアシモフと緑の忘れ物 (1) (カドカワコミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする