ストーリー311 あれから3年 漫画で描き残す東日本大震災 (単行本コミックス)

  • KADOKAWA/角川書店
3.65
  • (4)
  • (7)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 120
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041210444

作品紹介・あらすじ

東日本大震災から3年…。あの日と、あの日からの激動の日々を、人気漫画家たちが現地で取材し、そこにある想いを漫画で描き残す、感動必至の“311の物語”。印税は被災地復興の為に寄附します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 311から3年後の、物語。
    こちらもまた、全ての印税が寄付されるようです。

    前作の続きといった位置付けの話もあり、
    いろいろと考えさせられました。

    あれから3年、“もう”なのか“まだ”なのか。
    感じ方は人それぞれにあると思います。

    個人的には“もう”3年が過ぎたが、
    “まだまだ”復興は進んでいないと、あらためて。

    こちらを手に取った後、私も震災後に初めて訪れました。
    やはり“現場”を視ているのと見ていないのとでは、感じ方が違うと、

    そんなことをあらためて実感しました。
    本日は311から、3年と5ヶ月目の月命日です。

    忘れずに折々で訪れていきたいな、なんて風に考えています。

  • 軽々しく"感動"とは書いてはいけないと思う。でもマンガ家の皆さん有難う。。。

    角川書店のPR
    「東日本大震災から3年…。あの日と、あの日からの激動の日々を、人気漫画家たちが現地で取材し、そこにある想いを漫画で描き残す、感動必至の“311の物語”。印税は被災地復興の為に寄附します。」
    プレスリリース
    http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000445.000007006.html

  • 花泉図書館。

    ノンフィクション。

  •  震災後3年の話。どれも短いけれど中身のある前向きの話。漫画家さんがちゃんとそこへ行って取材していることに心が動いた。

  • 生きていく。この毎日に感謝して生きていく。

  •  四年半前、まさか自分が大地震を経験するとは思っていませんでした。
     この地震があったからこそ関東圏に行くことができ、仕事も決まり、結婚その他諸々が決まったので、ほかの方々に比べてとてもとてもわたしは幸せだったのだと思います。
     勿論、実家は流されはしなかったものの半壊やら祖父母の家も浸水被害に遭い、生きていてよかったという状態でしたけれども。
     『Booklive』のお買い得ページをつらつら眺めていたらこちらが割引になっていたので、気になって購入しました。
     福島の友人のこと、家が流された友達のこと、いろいろとまざまざ思い出されて、胸にずしりと来ました。
     特に、ササキミヤさんのところで描かれた若林区荒浜海岸の一報はわたしも聴いた瞬間にぎくりとしたな、と。錯綜する情報と真偽のわからなさ、それはとても恐ろしいものでした。

     あの震災からどのように考え方が変わったのか?というレビュー形式のようなものでしたので、さくさく読めると思います。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1984年「あなたと朝まで」(なかよしデラックス8月号)でデビュー。1986年ロンドンからやってきた恋のキューピッドが活躍する「ぽーきゅぱいん」が大ヒット。以後、「レピッシュ!」「月下美人」「プレイガールK」、テレビドラマ化され話題を呼んだ「ホタルノヒカリ」など、代表作を次々と発表。ポップでキュートなシンデレラストーリーが読者の心をつかんでいる。
現在、最新作「うらら」をKissにて絶賛連載中!

「2012年 『ホタルノヒカリ(7)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ひうらさとるの作品

ツイートする