BORDER(1) (カドカワコミックス・エース)

著者 :
  • KADOKAWA/角川書店
3.30
  • (3)
  • (5)
  • (13)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 79
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・マンガ (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041210710

作品紹介・あらすじ

「オレは一度死んだんだ」捜査中に頭を撃たれ、生死の境を彷徨った捜査一課の刑事、石川安吾。奇跡的に蘇生した彼は『死者と対話する能力』を手に入れてしまい――!? 強力タッグで贈る超感覚サスペンス、開幕!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 金城作品を全て読む。

  • 警察モノ。
    主人公が結構ムチャしまくっているような・・・。
    一度小説も読んでみたいかも。

  • ドラマ開始後、ドラマを見る前に購入読了。その後ドラマを見出したが、ドラマが秀逸でコミックの印象が薄くなってしまった。
    まあ、設定も少し違うし仕方がないか…
    小手川ゆあは「おっとり捜査」からのファンなので、コミックも追いかけたい。
    …なんて書いてるうちに、ドラマがそういえば最終回だったし、早く録画消化せねば。

  • ありがちといえばありがちなストーリー?

    小手川ゆあさんの漫画として買いました。

    これからの展開に期待。

  • 面白かった。ドラマもあと少しでスタート。楽しみだ。

  • 面白かった〜。ドラマが楽しみになってきた。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

『おっとり捜査』でデビュー。
代表作は『死刑囚042』、『ARCANA』、『LICENSE ライセンス』他多数。
現在コミックタタンにて『殺人プルガトリウム』を連載中。

「2019年 『殺人プルガトリウム 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小手川ゆあの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×