青衣の人 (角川文庫 緑 216-10)

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (246ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041216101

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ――最初から、「おっ」と身を乗り出してしまうような展開でしたが、それは最初だけで中盤はたらたらと。

    しかし、問題はそこではなくてこの本の全ては後半の盛り上がりです。激しく過ぎるような時間の中で、

    向き合う二人の心情を克明に描いています。後半は手が止められません。止めてしまうと、読み進めた時

    との興奮は段違いでしょう。 境道助は、三浦暁子に憧れにも近い恋心を抱いている。そして、暁子の姪

    であるれい子は、叔母をこの上なく尊敬している。この3人の複雑な関係をそれぞれの視点から描いてい

    ます。この作品は主人公は一人ではありません。道助、暁子、れい子、それぞれです。そのため曖昧な想

    像が無く、一人一人の心情が、細かく書かれています。 この作品は、後悔や嫉妬心など暗い感情が強調

    されています。でも、井上靖はやっぱすごい。一秒一秒人物の心の動きが伝わってくる。どの作品にも共

    通した井上靖の心情描写。上手すぎます。 ラストはしりきれとんぼのようですが、締めくくりとして、

    あれがベストだったのでしょう――

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

井上 靖 (1907~1991)
北海道旭川生まれ。京都帝国大学を卒業後、大阪毎日新聞社に入社。1949(昭和24)年、小説『闘牛』で第22回芥川賞受賞、文壇へは1950(昭和25)年43歳デビュー。1951年に退社して以降、「天平の甍」で芸術選奨(1957年)、「おろしや国酔夢譚」で日本文学大賞(1969年)、「孔子」で野間文芸賞(1989年)など受賞作多数。1976年文化勲章を受章。現代小説、歴史小説、随筆、紀行、詩集など、創作は多岐に及び、次々と名作を産み出す。1971(昭和46)年から、約1年間にわたり、朝日新聞紙面上で連載された『星と祭』の舞台となった滋賀県湖北地域には、連載終了後も度々訪れ、仏像を守る人たちと交流を深めた。長浜市立高月図書館には「井上靖記念室」が設けられ、今も多くの人が訪れている。

「2019年 『星と祭』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×