化石 (角川文庫クラシックス)

著者 :
  • 角川書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (759ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041216293

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <再読>先日のMr.サンデーでの竹田圭吾氏の追悼VTRを見ていたときに、竹田氏本人が「癌になったから終わり、ではなくて、いつもとちょっと違う日常が始まるだけ。向かい合い、なだめすかしながら付き合っていく感じ」みたいなことを言っていた映像が流れているのを見て、思いっきり『化石』の世界観だなあと感じて久しぶりに読み返してみた。竹田氏もこんな風に対話を繰り返しながら、毎日を過ごしていたのだろうか。竹田氏の考え方が好きだった自分からすると、できることなら主人公の一鬼と同じように癌から生還してほしかったとつくづく思う。

  • 旅先で十二指腸ガンのために余命1年と宣告された中年実業家の一鬼。死という同伴者とともに残りの命を歩いていく。

    こんなにも達観できるものなのかしら。悩んで悩んで諦めてそれでも生きていく。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

井上 靖(いのうえ やすし)
1907年5月6日 - 1991年1月29日
北海道旭川で生まれ、天城湯ヶ島、三島・沼津で18歳まで過ごす。その時代までのことは『しろばんば』をはじめとした「自伝的小説三部作」に詳しい。金沢の第四高等学校(現・金沢大学)で詩作を始め、京都帝国大学を卒業後大阪毎日新聞社に入社。
小説『闘牛』で第22回芥川賞受賞、文壇へは1950年デビュー。現代小説、歴史小説、エッセイ、自伝的小説、シルクロード西域関連の作品、詩集など創作範囲は多岐に及ぶ。主な代表作に、『風林火山』『氷壁』『天平の甍』『おろしや国酔夢譚』などがある。
1964年日本芸術院会員に。同年『風濤』で第15回読売文学賞、1980年菊池寛賞、1985年朝日賞などをそれぞれ受賞。1976年には文化勲章も受章しており、多数の受賞歴がある。

井上靖の作品

ツイートする