星と祭〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.35
  • (0)
  • (7)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 73
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041216354

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ヒマラヤが舞台になるということで読み始めたが、途中まで主人公の架山と合わず進みが悪かった。けれど、十一面観音を拝む辺りから興をおぼえそこからは一気だった。十一面観音と観音に関わる描写が美しく涙腺が緩んだ。

  • 同じ様な状況になったら私はきっと耐えられないと思う….

  • 近江の11面観音のガイドに出てくるので、読んでみました。小説の中でも人々に守られた観音様の印象は変わらずで、作者も惹かれたのかな。ヒマラヤの月とどうつながるのか先が楽しみです。

  • 滋賀県に旅行するにあたり、何か滋賀県が題材になっている本を読んでおきたくて、それで知った本。

    琵琶湖からヒマラヤまで飛んで、途中では全く別の本かと思ってしまった。

    色んな書評で言われているけど、確かに心理描写が卓越。

    それにしても井上靖さんの本で、言葉がすっきりしている。余計な言葉ない。

    そして、今回滋賀の旅行で渡岸寺の十一面観音を見れて、感動した。

    小説の中のように、他の観音様も見てみたいな。

  • 感想は下巻にて

  • 今下巻を読んでいる最中なので、総合的な感想はまだ述べかねますが、琵琶湖に行ってみたくなりました。

  • 大津などを舞台とした作品です。

  • 皎々たる満月の光が、琵琶湖の面に照り渡る―七年前、会社社長の架山はこの湖で娘みはるを失った。遺体はあがらないまま、架山にとってみはるは永遠に「生と死」のはざまにいる。娘とともに死んだ青年の父親に誘われ、琵琶湖の古寺を訪れた架山は、十一面観音に出会い、その不思議な安らぎに魅了されるのだった。そんな日々のなか、ヒマラヤでの月見に誘われ、架山はそこでみはると二人だけの対話をもとうと決心する―。
    .。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.。☆。.

  • 長浜の国宝十一面観世音 

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

井上 靖(いのうえ やすし)
1907年5月6日 - 1991年1月29日
北海道旭川で生まれ、天城湯ヶ島、三島・沼津で18歳まで過ごす。その時代までのことは『しろばんば』をはじめとした「自伝的小説三部作」に詳しい。金沢の第四高等学校(現・金沢大学)で詩作を始め、京都帝国大学を卒業後大阪毎日新聞社に入社。
小説『闘牛』で第22回芥川賞受賞、文壇へは1950年デビュー。現代小説、歴史小説、エッセイ、自伝的小説、シルクロード西域関連の作品、詩集など創作範囲は多岐に及ぶ。主な代表作に、『風林火山』『氷壁』『天平の甍』『おろしや国酔夢譚』などがある。
1964年日本芸術院会員に。同年『風濤』で第15回読売文学賞、1980年菊池寛賞、1985年朝日賞などをそれぞれ受賞。1976年には文化勲章も受章しており、多数の受賞歴がある。

星と祭〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

星と祭 上 (角川文庫) Kindle版 星と祭 上 (角川文庫) 井上靖

井上靖の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする