星と祭 下 新装版 (2) (角川文庫 い 5-5)

著者 : 井上靖
  • 角川書店 (2007年10月発売)
3.27
  • (0)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :49
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041216361

星と祭 下 新装版 (2) (角川文庫 い 5-5)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 立ち直れない辛さの中で一筋の希望、それは宗教的な救いとヒマラヤの村の祈り。エベレストが目的で読んだ本だったが、悲惨な設定には何度も挫けそうになった。エンディングとしては納得だが、十一面観音はまだそんな心境にはなれず理解は難しい。どうすれば永劫という悟りにたどり着き、殯があけるのだろう。諦めとはどう違うのだろう。琵琶湖はいいとして、いつかナムチェバザールやポカラを歩き、祈りと天空の山を実感してみたい。

  • ヒマラヤ旅行から始まり、旅から帰って再度近江の観音へと向かう。どういう結末になるのかと思いきや、娘の死からの立ち直りにつながってゆく結末。新聞小説というのも納得。
    親しい人の突然の死から立ち直ってゆくのは誰にとっても辛いことで、自分に照らし合わせて読んだ人も多いのかなと思った。旅行で行ったところも行けなかったところもあるが、近江の良い雰囲気が本から浮かび上がってきてよかった。

  • 琵琶湖で娘のみはるを失った架山。しかし、遺体は7年経った今も、まだあがらないままである――。

    『名短編、ここにあり』に井上靖の「考える人」が収録されていて、それがとてもよかったので、今回長編も手に取ってみた。

    本書では、娘を亡くした父親が主人公である。
    娘の死という題材を扱っていながら、井上靖の筆は哀しみに寄りかからず、かといって虚勢も張らない。
    私は、死は乗り越えるものでもなければ、受け入れるものでもないと思う。変な言い方だが、死というものは、馴染んでいくものではないかと思うときがある。

    架山はみはるのことを考えるうちに、次第に彼女がまるで自分の愛人であったかのような気持ちになっていく。
    しかし、そんな架山の想像も、不思議と痛ましくない。娘のみはるは、永遠に17歳の、清らかで、汚れなき愛人なのだ。
    架山が作中でこんな発言をしていたのが印象的だった。「娘を愛人にしたら、もうだめだ。ほかの女を愛人に出来なくなる」。
    遺体の揚がらない娘の死。どうにもはっきりしないその事実にも、年月が少しずつ少しずつ、架山の心に降り積もってゆく。
    愛しさの形は変わっていく。

    みはるとの数々の対話の中で、彼女はこういう発言をしている(実際は架山の考えた、みはるの発言なのだが)。
    「だって、お父さん、いいじゃありませんか。人間って、幸福になるために生まれてきたんじゃないでしょう。わたしだってそう、お父さんだってそう、二人のお母さんだってそう、光っちゃんだって、みんな、そうよ」。
    人は幸福になるために生まれてきたのではない。文字だけだと、なんと希望のない台詞だと思うけれど、この言葉は娘の死をずっと胸に秘めた架山の真摯なひとつの答えである。

    救いとはなんだろう。安らぐとはどういうことだろう。
    架山は琵琶湖湖畔の十一面観音を拝んだり、ヒマラヤへ月を見に行ったりするけれど、それはあくまで彼がみはると自分との関係に契機が起こることを期待した、ただの行為である。
    そこで見たものはと訊ねられれば、観音像だとか月だとかと答えるだろうが、実際にはそこにあった人々の救いへの、信仰へのあり方を見たのだと思う。
    この小説で一番感動したのは、実は、ヒマラヤの場面でも最後の湖に並ぶ十一面観音の景観でもなく、架山が人々に十一面観音を見せてもらっているときの、その地元の人々の観音様への愛情だった。
    その像を守り続けるうちに、守る側が自然と像を尊び慈しむ気持ちを、ただただ美しいと感じた。

  • 大津などを舞台とした作品です。

全4件中 1 - 4件を表示

星と祭 下 新装版 (2) (角川文庫 い 5-5)のその他の作品

井上靖の作品

星と祭 下 新装版 (2) (角川文庫 い 5-5)はこんな本です

ツイートする