偏狂者の系譜 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.20
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041227619

作品紹介・あらすじ

一筋に学問に打ち込み業績をあげながら、社会的評価を得られない研究者の凄まじい情熱と怨念をテーマにした短編集である。延喜式の廃字の意味・戦争中の人体実験・新興宗教の弾圧事件・邪馬台国の謎の究明などに人生を賭ける男たちの行状に、自らの孤独な執念を重ねる出色の清張サスペンス。彼らを見放す女たちや頑迷な学会の様相を、昭和30年代日本の風景と共にきめ細かく描いた名品揃い。初文庫化作品を含む4編を収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昭和30年代に書かれた短編4編を収録。一人称で語られる学究・研究をテーマとしたエピソード。どれも起承転結がなく突然に話が切れる。当時の日本の時代の雰囲気が垣間見れる。暗い。

  • 3.5

  • 「笛壺」
    「皿倉学説」
    「粗い網版」
    「陸行水行」

    「陸行水行」は他の短編集に入ってのでスルー。(笑)

    あとがきにも書いてあったが、清張の「学究物」が集められた短編集。
    どちらかというとあまり興味のない内容。
    ただ、おもしろくないということもなかった。
    「皿倉学説」が一番よかったかな。

  • 学問にとりつかれた者たちの狂気を描いた短編集4本が収録されている。

    評価されず、世間から取り残された学者(モドキ)を書かせたら松本清張の独壇場。貧しさのために、学校に行けなかった自分を登場人物たちに重ね合わせ、犯罪者とは異なる狂気、迫力を表現している。

    といっても、大体は犯罪者になっちゃうんだけど。

  • 笛壺・皿倉学説・粗い網版・陸行水行

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

●1909年、福岡県に生まれる。印刷工、新聞社社員を経て42歳で作家の道へ。「或る『小倉日記』伝」で芥川賞受賞。『点と線』『眼の壁』『砂の器』『ガラスの城』『黒革の手帖』など推理小説の第一人者として多くの作品を発表する一方、『日本の黒い霧』『昭和史発掘』などノンフィクション分野でも活躍。日本ジャーナリスト会議賞、吉川英治文学賞、菊池寛賞、朝日賞など受賞多数。1992年死去

「2017年 『徳川家康 (新装版)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

偏狂者の系譜 (角川文庫)のその他の作品

偏狂者の系譜 (角川文庫) Kindle版 偏狂者の系譜 (角川文庫) 松本清張

松本清張の作品

ツイートする