食後の花束 (角川文庫 (5830))

著者 :
  • 角川書店
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (225ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041242131

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 開高健の文章はそのままアフォリズムだ。「男はおどろくことをしなくなった日から引退がはじまる」(p111)。「日本人は毎日を生きながら、同時に、緩慢に自殺しつつあるのだ」(p220)。古今東西の書物を引いて縦横無尽なカイコウ節に酔いしれる、ひとときの至福。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1930年大阪生まれ。壽屋(現・サントリー)宣伝部を経て、作家活動を開始。主な著書に、『日本三文オペラ』『輝ける闇』『夏の闇』『私の釣魚大全』『人とこの世界』など。1989年逝去。

「2015年 『日野啓三/開高健』 で使われていた紹介文から引用しています。」

食後の花束 (角川文庫 (5830))のその他の作品

食後の花束 (角川文庫) Kindle版 食後の花束 (角川文庫) 開高健

開高健の作品

ツイートする