わが青春に悔いあり―狐狸庵閑話 (角川文庫 緑 245-12)

著者 :
  • KADOKAWA
3.38
  • (3)
  • (4)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041245125

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 57点。無駄話を何より好む狐狸庵山人。狐狸庵といっても韓国は関係ない。狐狸庵閑話(こりゃあかんわ)からきてるんでしょうか。二葉亭四迷みたいな感じかな。
    小説家である遠藤周作が狐狸庵山人の雅号を名乗りぐうたらをテーマに綴るエッセイ。
    失笑、爆笑、哄笑を誘う傑作エッセイかどうかは別として、興味深い文章があった。『われわれは他人という鏡にうつるイメージによって、存在しておるのかもしれん。たとえば伝記などそんなもんだ。そしてこの他人にうつった自分意外の自分は、だれも知らん。しかし真の自己はわが死とともに永遠に運ばれるのならーやはり他人から見た自分はどんな誤解を受けようと、自分というべきであろう』
    ここに遠藤周作の倫理観のようなものを見た気がした。

  • 抱腹絶倒とまさにこのこと。海と毒薬しか知らなかったけどこんなに面白い人だったとは... どくとるマンボウも読みたくなった

  • 狐狸庵こと遠藤周作のエッセイ。

    クスクスっと笑ったり、ニヤニヤしたりおもしろかった。この人って社会派小説も書くけど、こんな軽い読み物も書くんだね。

  • こういう何の役にも立ちそうにない本、嫌いじゃないです。

  • 「どんなに誤解されようとも他人から見た自分はやはり自分というべきである」というような一文が好き。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

一九二三年東京生まれ。慶応大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。一九五五年『白い人』で第三十三回芥川賞を受賞。一九六六年『沈黙』で第二回谷崎潤一郎賞受賞他、数多くの文学賞を受賞。主な著書に『沈黙』『海と毒薬』『恋愛とは何か』『ぐうたら生活入門』『宿敵』等多数。

「2022年 『怪奇小説集 恐怖の窓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

遠藤周作の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×