宿敵〈上〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.77
  • (31)
  • (43)
  • (50)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 259
レビュー : 41
  • Amazon.co.jp ・本 (275ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041245217

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 熊本県を舞台にした小説を読んでいます


    企業にあてはめると、上巻は

    秀吉に勢いがあり、人心コントロールが行き届いている中で 加藤清正と小西行長が 競争しながら、組織全体を 引き上げているので、組織の上昇気流時の競争を描いているように見える。

    上場前のベンチャー企業みたいな感じ。カリスマ性のある創業社長と 彼を慕う 武闘派と知性派の部下みたいな

  • 2015.6.2(火)¥150+税。(-2割引き)
    2015.7.20(月)。

  • 小西行長の生き様がありありと浮かびます。理想と現実のギャップに悩まされ、自らの立場に迷い、それでも面従腹背の生き方を掴み貫こうとする小西の姿に引き込まれます。英雄では決してないけれど彼に不思議な魅力を感じました。加藤清正との確執、石田三成との共犯、高山右近への羨望など、武将達への小西の感情もはっきりと現れています。

  • 加藤清正と小西行長。
    そして、秀吉。二人の個性と心理模写が、ことごとく、腹に落ちる。
    遠藤周作は、心理模写にかけて最高だ。

  • 宿敵の死んだ午後

  • 加藤清正と小西行長のライバル関係のお話。

  • 熊本県を代表する武将、加藤清正と小西行長。二人の確執を秀吉に上手く利用され、いちずに秀吉に尽くし武功を焦る清正、朝鮮出兵に反対ながらも面従腹背の小西行長。まさに現代のサラリーマン社会にも通じる戦記もの、ぜひ熊本県人に読んで頂きたい一冊です。

  • ラストは賛否両論ですが肥後宿敵にはたまらない一冊だと思うわけで

  • 関ヶ原経由で九州の二人が気になって読んでみた。
    小西の天井知らずな惨めさ+清正の対小西の半端ない嫌悪感+秀吉の怖さと、すごく…こってりです…さすが遠藤周作。
    下巻はこれから。

  • 歴史小説は普段あまり読まないけど意外に面白く読めた。対照的な二人の生き方を両面から想像するのは楽しい。
    大名の処刑を物見に来る百姓、マリー・アントワネットのときもそうだけど、大衆というものをどう捉えればいいのか、自分もその一人としてよく分からない。

全41件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

宿敵〈上〉 (角川文庫)のその他の作品

宿敵 (上) 単行本 宿敵 (上) 遠藤周作

遠藤周作の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
和田 竜
遠藤 周作
有効な右矢印 無効な右矢印

宿敵〈上〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする