宿敵〈下〉 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.86
  • (26)
  • (30)
  • (35)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 193
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041245224

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長かった…。
    戦国時代は大変。
    高山右近がかっこいいことがわかった。

  • 熊本県を舞台にした小説を読んでいます

    下巻は 勢いを失った秀吉率いる組織において、力関係が少し変わってくる。秀吉と家康の違いは、引き際 だったのかな と思う

    宇土櫓の話を聞くと、今では 熊本城が 宿敵2人をつなげている気がする

  • 2015.6.2(火)¥150+税。(-2割引き)
    2015.7.25(土)。

  • 小西行長、石田三成は、会社転覆なのか?

    公器としての行いか?

    実際にこういう場面に遭遇すると、結果論でしかなくなるな。

    それにしても、最後は、虚しさしか無い。
    こんな気持ちを起こさせる、遠藤周作の人間観察は、凄いの一言だ。

  • 他にも数冊、読んだ遠藤周作の本。信仰を貫く高山右近じゃなくて、二重生活を送る小西行長に興味を持つのが、遠藤周作らしいと思いました。

  • 徐々に生ということを悟っていく行長に苦しくなる。読んでいるとこっちまで切羽詰まってくるような圧迫感というか切迫感というか…とにかく苦しい。関ヶ原での西軍の敗報を知った行景と清正、双方の心情も細かく表現されていて、更に苦しい。それでも大好きな一冊です。行長はよく頑張ったと思う。

  • 主軸を語るために、どの部分を採用しいかに他を切り落とすか・・・その上手さがスピード感あるエンターテイメント小説たらしめるかの肝なんだろうなと先を読まずにはいられない興奮を覚えながらもいっちょまえに感心してたり。対立とか葛藤の軸が明白だし、複雑であるということがスルッと納得できる上にきちんといろんな方法で説明してくれるから突っかからずに了解して進めるのが凄い。

    内容も、すごく好きだったなぁ。

  • 面従腹背、奥さんと二人三脚で色々無理して頑張った小西が帰国後とうとう燃え尽きてしまった下巻。
    関ヶ原後、宇土攻めでの清正が格好良い。明け渡された城で物思う清正はすごく良かった。
    しかしラスト数行で読み手はどん底に突き落とされるという。面白かったがこの結末は後味が悪いにもほどが……!

  • 行長の悟りに何となくじんときます。清正と行長はもっとうまくやれなかったのかなと悲しくなりました。行長夫人の夫への愛の深さはすげえと思いました。
    あと、三成が悪い人に書かれてて面白かったです。

  • 小西がんばった!奥さんがんばった!
    『鉄の首枷』を読まれてからまた読むと面白いと思います。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

宿敵〈下〉 (角川文庫)のその他の作品

宿敵 (下) 単行本 宿敵 (下) 遠藤周作

遠藤周作の作品

宿敵〈下〉 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする