海と毒薬 (角川文庫)

著者 :
制作 : 駒井 哲郎 
  • 角川書店
3.58
  • (84)
  • (169)
  • (231)
  • (27)
  • (6)
本棚登録 : 1296
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041245255

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人間の罪責意識を問い質す内容だった。
    戦争っていう非常事態の中で人が暗い底に沈んでしまって、善悪の区別がハッキリ分からない。何が悪なのか、そんな事どうでもいい。諦め、気怠さみたいな雰囲気がすごく伝わってくる。生体解剖に立ち会った人達のそれぞれの心理。自分ならどうするだろうか?勝呂のように流されてしまうのか。浅井か?それとも、あの看護師か?そんな事を考えてみたけど、考えるべきところが違うなと気づく。
    やっぱり戦争は駄目なんだ。起こしちゃいけない。なのに起こる。んー渦巻きに飲まれる‼
    この本、訴えかけてくる力が強力‼(注意)

  • 人間の醜さを戦時に置ける医療向上の目的として、
    『正当化』させてしまう人間の浅ましさを描いている。

    これは、捕虜の生体解剖実験を元に紡がれる人間の姿を深く映している。

    苦悩、美化、解釈、欲深さ、

    読むにつれ、人間の姿が狂気に映る。

    血や肉の姿の描写が恐ろしいのではない。
    人間の心と『自己解釈という正当化』が恐ろしい。

    自己解釈の1つで人間は、
    どんな罪も正当化することが出来る。

    また哀愁漂う人間を映した本でもあった。

  • 新装カバーに一目惚れ。衝動買い。

  • 読み終わってから少し時間が経ってしまったけれど、感想を述べます。
    読み終わった後、重いものが残る本でした。
    医療者として、まだ知らないものへの好奇心を持ってしまうことは、恐怖にもつながるのだと思います。
    また、実際にあった事実を認識して、過ちを繰り返さないことが大切なのだと感じました。

  • なんだかよくわからんままに終わってしまったかんじ
    読後かなり暗い気持ちになった

  • <主な登場人物>
    勝呂…訛りのとれない医者。
    (勝呂の回想)
    戸田…勝呂と同じ医者生。
    上田…離婚して満州から日本へ戻ってきた看護婦。
    ヒルダ…おやじと慕う勝呂の担当教授の奥さん。神を信じ、ボランティア活動を献身的に行う。

    <あらすじ>
    時は第二次世界大戦の頃。
    九州のF大学で、米軍捕虜の人体実験が行われることになった。
    罪悪感さえ感じられない男、もはやそんなことはどうでもいい女。
    そして、良心の呵責に耐えられない男。
    それぞれの人を通して、それぞれの罪の意識を鮮明に描き出す。




    そういえば、「王妃マリー・アントワネット」を読んで以来
    この作家の小説を読んでいなかったことに気づき、手に取ったのがこの作品だった。
    神―キリストへの信仰を中心として―を描いている部分もあったが、そういう描写は少なかったような気がする。

    作品は、実際に起こった人体実験をモチーフとして罪の意識を描き出す。
    米軍兵に対して実験を行うシーンはまるで見ているかのように生々しく感じられるほどだ。
    それは、作家の精緻な描写力によって成立しているところがあるのはもちろん悩みぬく人々の表情が伝わってくるかのようだった。

    ただ、戸田のイメージが、どうしても太宰の「人間失格」の主人公・葉蔵と重なってしまい、彼の性格をよくつかむ事が出来なかった。

  • 重くて暗くて辛い。
    きっと罪そのものではなく、罪の意識のほうが、人間にとっては重要なのだろう。

    しかし名作と言われるだけあって、読んでよかったと思わされた。
    文章も読みやすかった。

  • 「人間の良心なんて、考え方一つで、どうにも変わるもんやわ。」

    捕虜を実験に使うこと。
    誰かの為になると嘯き、
    ひとをこの手で殺すこと。

    あまりにも救いのない話。
    グロテスクなシーンも多く、読んでて辛くなります。

  • 電車の中で読みながら顔が歪んだ

  • 「集団心理と現世利益で動く日本人の姿を描いている」というwikipediaでの説明を見て、ああ、と思ったけれど、いまいち響いてこなかった。

全172件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

遠藤 周作(えんどう しゅうさく)
1923年3月27日 - 1996年9月29日
東京生まれ。父親の仕事で、幼少時代を満洲で過ごす。帰国後にカトリックの洗礼を受けた。1941年上智大学予科に入学したが、中退。慶應義塾大学文学部仏文科入学・卒業後、カトリック文学を学ぶためにフランスへの留学。帰国後の1954年『アデンまで』を発表し小説デビュー。1955年『白い人』で芥川賞を受賞し「第三の新人」として脚光を浴びた。
1958年『海と毒薬』で第5回新潮社文学賞及び第12回毎日出版文化賞、1966年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞、1979年『キリストの誕生』で第30回読売文学賞評論・伝記賞、1980年『侍』で第33回野間文芸賞などそれぞれ受賞。1995年に文化勲章を受章している。
上記受賞作のほか、1993年刊行『深い河』もキリスト教と日本人をテーマにした代表作と見なされており、映画化された。60年代以降「狐狸庵山人」(こりあんさんじん)を名乗り、様々なエッセイを記した。数々の作品が欧米で翻訳され高い評価を受けており、存命中ノーベル文学賞候補だったこともよく知られている。

海と毒薬 (角川文庫)のその他の作品

遠藤周作の作品

ツイートする