にせドンファン (角川文庫 緑 250-23)

著者 : 吉行淳之介
  • KADOKAWA (1977年10月発売)
3.10
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • 22人登録
  • 2レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (204ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041250235

にせドンファン (角川文庫 緑 250-23)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ジキルとハイドの物語のように、昼間は大学教授、夜は女を虜にするドンファンへと変貌する主人公と、彼を取り巻く様々な女性との奇妙な交渉を描く。夜はドンファンでありながら、正体(昼間の姿)が女にバレると内心でたじろぐのであり、あくまで『にせ』ドンファンとしての主人公の滑稽さが面白い。吉行作品の女性たちにはよく見受けられるが、主人公を掌で転がしているような彼女たちの巧みな交渉も見られ、吉行の恋愛構造分析の極みとも言える作品。

  • 現代性はまったくないけれど(そもそも現代の本ではないのだけれど)、吉行淳之介氏の小説はなぜだかやめられない。自分が生まれる前に書かれたものだろうけれど、ある部分の下世話さみたいなところは、今も昔も変わらないのでしょうね。

全2件中 1 - 2件を表示

吉行淳之介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
梶井 基次郎
ウラジーミル ナ...
三島 由紀夫
安部 公房
有効な右矢印 無効な右矢印

にせドンファン (角川文庫 緑 250-23)はこんな本です

ツイートする