背徳のメス (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.47
  • (4)
  • (3)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 27
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041268018

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 直木賞

  • 直木賞受賞作。重かった。
    正義とか良心とかに対して自分がこうだと思ってることは
    今から先ずっとこうだと言い切れるものなのかなと考えさせられた。

  • 第44回直木賞。
    主人公は産婦人科医・植秀人。大阪のさびれた阿倍野病院勤務。
    西沢科長との対立以来、何者かに命を狙われるようになり、単身解決を試みる。ハードボイルド推理小説。
    植もそうだが、植の周りのキャラクターがひとくせある者ばかり。院長、婦長、同僚医師、看護婦、ヤクザなど。
    事件の背景には、男の出世欲が見え隠れする。また、女は、女であることを武器にしながら、時には女であることが弱点になりながら、日々を暮らしている様子が描かれている。

  • なつかしい。海堂尊を代表とする医療ミステリーの歴史をたどれば、この本に突き当たるはずだ。10数年前、学生の時に読んだっけ。

    今読むと、意外な事実を知る。実はタイトルの「メス」が、アレだったとは。産婦人科に入院中の妊婦には読ませられんな。

  • 所有本は1976年5月30日発行 第二十四版。

  • 何という哀しい結末。看護婦長の哀れな末路。

  • これおもしろかった!

  • 黒岩重吾の直木賞受賞作。戦争の色の濃いハードボイルド、ちりちりと冷たいような肌触りがなんとも。2007/05/27

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

作家。1924-2003。大阪府生まれ。60年、釜ヶ崎を舞台とした『背徳のメス』で直木賞受賞。社会派の推理・風俗小説から古代が舞台の歴史小説まで執筆。

「2018年 『西成山王ホテル』 で使われていた紹介文から引用しています。」

背徳のメス (角川文庫)のその他の作品

黒岩重吾の作品

ツイートする