天と地と〈2〉 (角川文庫)

  • 角川書店 (1986年9月発売)
3.16
  • (1)
  • (1)
  • (17)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041273111

作品紹介

天文12年(1543)、長尾晴景の家老昭田常陸介は三条の長尾俊景に内通、晴景に反旗をひるがえし、14歳の景虎は春日山城での防戦に初陣を飾った。そして、城を脱出して身を寄せた琵琶島の宇佐美定行の許で、その娘乃美を知った。翌年、景虎は近国の形勢視察のため旅に出、甲州御坂峠で、狩装束で馬をうたせるりりしい若武者を見かけた。24歳の武田晴信、のちの信玄だった。三条勢らとの戦いに連勝する景虎は、毘沙門天を熱烈に信仰、女を近づけず、律僧のような日々を送るが、酒色に溺れる兄晴景は、その名声の高まりにしだいに不快の思いを強めた。

天と地と〈2〉 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 景虎立つ。兄晴景との共闘を試みる。

  • 天文12年(1543)、長尾晴景の家老昭田常陸介は三条の長尾俊景に内通、晴景に反旗をひるがえし、14歳の景虎は春日山城での防戦に初陣を飾った。そして、城を脱出して身を寄せた琵琶島の宇佐美定行の許で、その娘乃美を知った。翌年、景虎は近国の形勢視察のため旅に出、甲州御坂峠で、狩装束で馬をうたせるりりしい若武者を見かけた。24歳の武田晴信、のちの信玄だった。三条勢らとの戦いに連勝する景虎は、毘沙門天を熱烈に信仰、女を近づけず、律僧のような日々を送るが、酒色に溺れる兄晴景は、その名声の高まりにしだいに不快の思いを強めた。

     2003年11月4日再読

  • 読了。

全3件中 1 - 3件を表示

天と地と〈2〉 (角川文庫)のその他の作品

海音寺潮五郎の作品

天と地と〈2〉 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする