牛をつないだ椿の木―童話集 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.88
  • (2)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041279014

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新見南吉の物語がここまで面白いということに初めて気づいたのが、この「牛をつないだ椿の木」を読んだ時でした。

    物語自体は特に奇抜な内容でもなんでもないのですが、主人公が思いつく善行がなかなか成就しないという骨子に、脇役がそれぞれ面白く絡むという話の中に
    人生のむずかしさ、もどかしさ、そして最終的には人間の希望や優しさが映し出されていく美しい話です。

    この話が南吉が亡くなる1年前に書かれているということもなんとなくこの作品のぬくもりと無関係ではないのではないか?と思います。裏庭にやってくる蜂、おどろくほど小さな卵をうむ鶏。読むほどに光まぶしい裏庭の木々、心地よい土の香り、高い空。そういう自然が目に浮かびます。

    まだ生きていてほしかった作家のひとりです。

  • 愛知県半田市が誇るもの、それは「ミツカン」と新美南吉。などといふと、半田市民から「半田にはそれだけぢやない、もつと多くの魅力があるぞ」と叱られさうですが、まあ許してください。

    おそらく誰もが幼少時に読んだ(読まされた)と思はれる「ごんきつね」「てぶくろを買いに」などで知られる新美南吉は今年で生誕101年。中途半端なタイミングですが、偶然読む機会がありましたのでちやつかりここで報告するものであります。

    以下、いくつかの作品の感想。
    「張紅倫」...戦前の時代に、敵国人を礼賛するとも受け止められかねない内容の作品を書いたこと自体、驚tきを隠せません。
    「正坊とクロ」...人間と動物は結局分かり合へない結末の作品が多い中で、これはしつかりと交流が描かれてゐます。正坊とクロ、今後の新たな関係が示唆されて終ります。
    「ごんぎつね」...子供の頃読んで泣きました。悪意を持つ人物・動物は結局ゐなかつたのだが、訪れる悲劇。
    「手ぶくろを買いに」...かあさんぎつねの「ほんとうににんげんは、いいものかしら」といふつぶやきが本作を象徴してゐますね。子供の頃は単純に人間賛歌だと思つてゐましたが、実際はもつと複雑なやうです。
    「病む子の祭」...切なくも美しい児童劇。わたくしはかういふのに弱いのです。
    「久助君の話」...半田の岩滑(やなべ)といふ土地を舞台にした「久助君」シリーズ(?)は、幼い日に誰でもが味はつたであらう漠然とした不安や期待、子供ならではの人間関係が詰つてゐます。久助君はわたくしだと思ひました。

    他にも、表題作「牛をつないだ椿の木」や代表作のひとつ「おじいさんのランプ」、人の善意にあふれた「花のき村と盗人たち」など、ツブ揃ひであります。
    幸薄い人生を過ごした新美南吉ですが、その作品は今後も読まれ続けるのではないでせうか。
    ここではたまたま角川文庫版ですが、他にも岩波文庫などから作品集が出てゐます。どれでも良いので、手に取つてみてはどうですかな。

    http://genjigawa.blog.fc2.com/blog-entry-184.html

  • 北原白秋のながれから、また、先日NHK子供向けドラマ『時々迷々』で名前を見かけて。「ごんぎつね」「てぶくろを買いに」も収録。大変おもしろかった。道徳と悲哀のなかに無邪気さと貧困が見える古き良き日本的価値観。大人から押し付けるのでなく、子供が進んで読んでくれる世の中になるといいなぁ。

  • 表題作は牛だけの話でないのですね

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1913年愛知県生まれ。半田中学から東京外国語学校に入学。中学3年の頃より文学に興味を持ち始め、童謡、詩、童話の創作活動を始める。雑誌「赤い鳥」に投稿、鈴木三重吉の推薦を受ける。東京外国語学校卒業後に喀血し帰郷。その後女学校の教師をしながら執筆活動を続けるが、1943年結核により逝去。享年30歳。代表作に『おじいさんのランプ』『牛をつないだ椿の木』などがある。

「2017年 『がちょうのたんじょうび』 で使われていた紹介文から引用しています。」

新美南吉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする