尻啖え孫市 (角川文庫 緑 290-2)

著者 :
  • KADOKAWA
3.69
  • (6)
  • (6)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (650ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041290026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 孫市在戦国無双裡面變成チャラ男一定是這本書的關係…

  • 雑賀党の雑賀孫市が石山本願寺側について,織田信長を散々に悩ました話。
    孫市は領土的野心はなく,ただ自由に生きたいと感じていた。信長側の秀吉とも懇意にしており,敵方となっても双方相手を思いやることを忘れない。
    孫市は戦国時代の小領主。地侍の典型的な型で,小人数での戦闘に長けており,それに鉄砲を用いて信長を散々悩まし,退散させた。
    孫市の生き方は常に風がびゅーと吹いて通り過ぎるような感じが常にし,本小説において,その死においても風のごとく描写されている。

  • なんとも凄まじい男振り。
    そういうと、堂々たる武者を創造してしまうけれど、孫市はちょっと違う。
    誰よりも男らしく、体格、銃術もずば抜けているが、それ以上に生き様が凄い。
    自由であり、信念があり、旗から見れば馬鹿げたような生き方さえも変えることはない。
    いやはや、いやはや。それ以外に言葉が出てこないくらい、凄い男である。

  • 超面白かったです。女の為に、友の為に、そこまでするか!ってところもありますが、それこそ孫市の愛すべき点だと思います♪

  • 無双で孫市好きになって読んだ本なのですが、孫市の魅力にメロメロです。秀吉との友情も!

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×