北斗の人 (角川文庫 緑 290-3)

著者 :
  • KADOKAWA
3.20
  • (2)
  • (0)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 36
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (520ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041290033

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020.10.1(木)¥200(-20%)+税。
    2021.12.16(木)。

  • 群馬などを舞台とした作品です。

  • 1995.11.21

  • 千葉周作…かっけぇです。
    大衆的で実践的、なおかつ科学的な剣道がたった一人の男から編み出された。
    一時期強制的に剣道を齧ったんですが、この話を知っていたらもっと真剣に剣道を極めてたかも…。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

司馬遼太郎(1923-1996)小説家。作家。評論家。大阪市生れ。大阪外語学校蒙古語科卒。産経新聞文化部に勤めていた1960(昭和35)年、『梟の城』で直木賞受賞。以後、歴史小説を次々に発表。1966年に『竜馬がゆく』『国盗り物語』で菊池寛賞受賞。ほかの受賞作も多数。1993(平成5)年に文化勲章受章。“司馬史観”とよばれ独自の歴史の見方が大きな影響を及ぼした。『街道をゆく』の連載半ばで急逝。享年72。『司馬遼太郎全集』(全68巻)がある。

「2020年 『シベリア記 遙かなる旅の原点』 で使われていた紹介文から引用しています。」

司馬遼太郎の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×