ガウディの夏 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.10
  • (1)
  • (4)
  • (12)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 57
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294178

作品紹介・あらすじ

CFプロデューサー峰井透は、オーディションで知り合った新人シンガー水科杏子とともに、他人の気配を強く感じる奇妙な一夜をホテルで過ごした…。その数日後、女優の宮森陽子は峰井を誘い出し、杏子との密会が情報機関にファイルされたことを彼に告げた。そして、宮森自身、また超大物女優原江智子さえも、情報ファイルの刻印をうたれた者たちであったル峰井は陰に、プライベートの情報操作により、人々を不安と絶望に陥いれる謎の人物・岸矢吾郎の存在を知り、愛と自由を求め敢然と立ちむかっていった-。激しく加速度を増した情報社会における現代人の恐怖と苦悩を描いた衝撃の現未来小説の誕生。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新書文庫

  • 年末の図書館で手に取った一冊。
    とてもおもしろく、あっという間に読み終わったが、テーマがない。
    作者の後書きにも、すべて深い意味は無い、ということが書かれておりちょっとがっかりした。

  • 終わり方が…
    不完全燃焼感満載。

  • タイトルのガウディの・・・と、イラストに惹かれたこの本。
    中盤から、とんでもない世界に引きずり込まれていく、なんとも不思議な話。


    今この世に存在しているということ。
    どんな事態に巻き込まれようと、それは確かで、人はその間に何かをしたいと思っている。
    いつか終わってしまう人生だから。


    建築も同様。
    未完成のサグラダ・ファミリア。
    ガウディは、未完成にすることで、もしかしたら「永遠」を手に入れたかったのかもしれないなぁ。
    な~んて。


    この本は、1987年に初版が出ている。
    インターネットも普及していない時代に書かれたことが驚きだ。

  • 100205(c 100215)
    100403(s 100414)

  • 家の本棚にずっとあったけれど読んでいなかった。
    広告マンが主人公。
    彼をとりまく得意先の企業や、芸能プロダクションの社長、そのタレント、大物女優。
    みんながある人物を通じて繋がっている。それは逃れることのできない網に入っている様。
    情報をたくさん持つ者ほど強い権力が持てるのか?
    ダークな情報がダークな情報を増やしていく・・・そしてそれを握っている者が好き放題できる世の中なのだろうか?

    ガウディに噛まれた人がキーワード

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ガウディの夏 (角川文庫)のその他の作品

五木寛之の作品

ツイートする