晴れた日には鏡をわすれて (角川文庫―五木寛之自選文庫 小説シリーズ)

著者 :
  • 角川書店
3.57
  • (11)
  • (17)
  • (25)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 124
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (335ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294215

作品紹介・あらすじ

淋しい冬の海。隠岐の民宿で働く牟田口アカネは、自分の醜い容貌に絶望し生きていた。彼女が待ってしたものは、まさに。そんな彼女を絶世の美女に変えようという、神への反抗ともいうべき試みを企てる男が現れる。草影真人-。彼と摩天崖の絶壁に立ったとき、アカネの命は奇妙な軋みを立て震えた。美醜の対立がもたらした鮮烈な愛と冒険の新ホラー・ロマン。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 06.12.30
    むかしテレビでやってた。あの人の妹さんに勧めたい。

  • 多くの人には自分の容姿に対する何かしらのコンプレックスがあるはずだ。本書はその極端な例を題材にしたもの。
    ヒロインは、化け物並みに醜い容姿から世界中の誰もが認める美しい姿に整形した。
    それで幸せになれたのか?
    これに関してはそれほど深掘りしていないが、彼女は常に「容姿が他人に与える影響」を観察している。つまり、化け物の視点を忘れていない。それは周りの人間の本質を知る手段の一つになると思う。
    「差別とは何か」「容姿によって差別される理由」を深く考えさせられ共感できた。
    ただし、最後に知り合いが生きていたことと、彼が目の前で自殺したことは意味が分からない。

  • 夫が図書館で借りたので私も読んでみました。
    醜い容姿に絶望していた女性が過去を捨て、整形して美女に生まれ変わるお話です。

    人は皆平等というのは幻想で、実際の社会では美醜による差別が存在しているということを明示し、その前提の上で主人公が差別される側からする側に変わり、優しさとは優越感の上で成り立つ感情なのか、様々な種類の差別は立場や時代や場所や状況によって変化するが、不変の平等はあるのか、などを考えさせられる少し哲学的なお話に感じました。

    確かにね、ブスは心がキレイ、というのは幻想ですから。

  • 知性にあふれた、良質な作品。お腹いっぱいです。

  • すごく魅力的なお話でした。
    どんな展開になるのか予測出来ず、モスクワに行った辺りから一気に読み進めました。

    見た目よりも中身。
    平凡な容姿の者はそう思いたいし、そうなりたいと思ってしまうけど、そういう次元ではないところに視点を持って行けたような。

    色々な基準による差別はどんな場合でも発生する。
    その基準は確実なラインがあるわけでは無く、場所や状況によって変動する。
    だったら細かい事で一喜一憂するよりも、今の自分を受け入れて、自由な思考を持つ方が素敵な存在になれるんじゃないかな、と思いました。

    主人公がストックホルムから各国を回って、素敵旅行を散々している合間にふと「中学生だった頃の私」ってセリフが出て来てものすごいその単語だけが浮いて見えた。
    中学生なんて当たり前に経験もしてくるし、知ってるものだけど、インドやヨーロッパではそんな単語で共通認識は得られないんだなぁ〜と強烈に感じた。

    卑屈な考え方をしてしまう時が来たらまた読み返したいと思いました。

  • この本を何度も何度も読み返していた時期がありました。
    余程自分の容姿にコンプレックスを抱いていたのかな。
    そして世の中のみんなが美醜についてどう考えているのかとても気になっていた。
    このお話の展開は大好き。
    整形手術で完璧な容姿を手に入れる主人公が、もともと内面が素晴らしい女性だっていうのが好きだな。
    内面の美しさに外側も追いついたってところが面白い。
    いくら中身が美しくても見た目が悪かったら見向きもされない世の中なんだっていう現実を見せてくれるお話が面白い。
    それでも、色んなエピソードを読んでると見た目だけ良ければいいなんて、やっぱりおかしい考えなんじゃって思ってくる。
    最後の最後、ラストの展開に呆然として。
    醜いと思っていたものが美しい光を放って消えていった気がして
    惜しいような、でも消えていくからこそ。その時美しかったのかとも思った。

    こうして思い出しながら書いていて、やっぱりこの本はどんなに古くなってくたびれても捨てられないって思ったよ。

  • 醜い外見のために諦観の中で生きてきた女性が、容姿や才能に恵まれながらも生きることをやめようとしていた男性と出会い、お互いが変わっていく。
    恋愛ものか、あしながおじさんものか、と思いきや、物語はとても無機質に、淡々と進んで行く。

    誰もが惹きつけられるような容姿を手に入れても驕らない彼女の聡明さと、そんな彼女に執着した醜い男の顛末が、なにやらとても悲しく、温かかった。

  • 五木 寛之さんの作品はこれしか読んだ事が無いけれど、面白かったです。生きるヒント、大河の一滴など有名ですが、私はコレしか読みたいと思ったモノは無いですね。

  • ふかい。
    シンプルなお話なんだけど、考えさせられる。
    哲学的!
    この本は買う。

  • 変身願望があるのか、とても惹かれた話でした。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

晴れた日には鏡をわすれて (角川文庫―五木寛之自選文庫 小説シリーズ)のその他の作品

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
東野 圭吾
宮部 みゆき
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

晴れた日には鏡をわすれて (角川文庫―五木寛之自選文庫 小説シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする