生きるヒント2 ‐いまの自分を信じるための12章‐ (角川文庫)

著者 :
制作 : 平栗 貞夫  パブロ・ピカソ 
  • KADOKAWA
3.45
  • (8)
  • (14)
  • (38)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 179
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294222

作品紹介・あらすじ

虚栄心、ルーズ、臆病、根気がないなどの欠点のために「損をしている」と思うことがある。でも、欠点だと思っているものは、自分の最良の部分ではないだろうか。こう考えてみると、意外な自分が見えてくる。「損する」「励ます」「乱れる」「忘れる」そして「愛する」-。なにげない感情をもう一度模索しながらそれに賛成したり、反発したりする中で発する自身の小さな声に耳を澄ますこと。不安な時代に贈る、日本を代表する作家からあなたへ、「自分を信じる」ためのメッセージ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『青い鳥』の話から、人間存在の不条理、人生に希望はない。で、どうする?って話なんだが、直感を信じつつ、他力で生きろって事かな。ただし、自力救済的な記述もあって、内容的にやや矛盾を感じるところも。

  • 普通に面白かった、けど普遍的と言えば普遍的な内容かも。
    3は読まないかなー。

  •  不細工でもスマートでもなくても、日々を生きていくことを書かれている。なにか着飾った言葉で、がんばれとかこうしろとかやれて当然とかではく、色々悩み、苦しみ、悲しみ、があっても、喜び、楽しみ、幸せを感じるなど人、それぞれになにに価値を求め、生きていくのかを著者なりに優しく書かれている。
    この本が出版されて、16年が経過している。それが今もこの本を読まなければならない状況であるこんにちは、残念な気持ちもある。
    ◆図書館

  • 最初のテーマが「存する」で、料金メーターがあがるたびに「居てもたってもいられないような気分になる」と書いている。五木寛之って独特のカリスマ性があると思っていたが案外普通の人という記述があちこちにある。親しみやすいようにそう書いているのか、本当にそうなのかどうか。
    主な論点をメモ。

    努力しても直らない欠点は、たぶんその人の最良の部分に根ざしてる。欠点に否定的にならなくてもいい。
    対治よりも同治。
    体の声を聞いたほうがいい。
    生命のリズムのような一人の人間の能力をこえた何かがある。努力したことを立派なことのように考えない。
    規則正しい生活が出来なくても、乱れることを気にしない。
    寝てるときの夢も大事。
    一個の人格に与えられた能力の総量は一定である。利口な人は見えないところで愚かだったりする。
    夢も、幸福も準備されていない。自分で作り出すものだ。
    人間は不自由なものであるということを認め受け入れる勇気を持つ

    平易で分りやすいが、強く心を打つということはなかった>

  • 嬉しいこと、楽しいこと、哀しいこともうまくいかないこともある、それが人生。悲観せず、絶望せずそういうものだと思い、生きていく。五木さんが勉強してた仏教の考え方もこういうことなのかな。

  • 五木寛之さんのエッセイ

    まさに「生きるヒント」
    その第2弾

  • 死を意識するから、今を大事にできる、人に優しく出来る。
    生きている、ただそれだけでも自分に自信を持って歩いていこう。

  • 続編も買いました。

  • 05/03/16

  • 生きるヒント続編。
    今の自分を信じるための12章。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

生きるヒント2 ‐いまの自分を信じるための12章‐ (角川文庫)のその他の作品

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
村上 春樹
松下 幸之助
デール カーネギ...
村上 春樹
有効な右矢印 無効な右矢印

生きるヒント2 ‐いまの自分を信じるための12章‐ (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする