命甦る日に―生と死を考える (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294291

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 様々な分野の人との生死に関する対談集。世の中に存在する矛盾を踏まえた上での改革を目指したガンジーの政策は興味深い。歴史の重みの前で観念の操作が本当に可能なのか、ひとつのものさしで物事を見ることの怖さを改めて感じる本。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

五木寛之(いつき ひろゆき)
1932年福岡県に生まれる。生後間もなく朝鮮半島にわたり、1947年引揚げ。
代表作に『蒼ざめた馬を見よ』『大河の一滴』、近著に『歎異抄手帳』『捨てない生き方』などがある。

「2022年 『五木寛之セレクション 第Ⅰ巻 【国際ミステリー集】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五木寛之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×