青い鳥のゆくえ (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.10
  • (0)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 62
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (161ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294314

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 青い鳥は幸福の象徴として描かれているが、最後は飛び立ってしまう。青い鳥はそもそも無いんだから、自ら幸福と呼べるものを生み出さなければならないという、ある意味ストイックな考え方については、やっぱりそうだよなという現実感溢れる感想を持たざるを得ない。

  • 私が文学というものに興味を持つ第一段階だったのが、この本だったと思う。<br>
    まだ中学一年生だった私は、物事には答えがあるのだと漠然として思っていた。そんな染み付いた幼い固定観念みたいなものが初めて揺さぶられたのがこの一冊。教訓が身に沁みる作品はなかなか無い。これは、そうだ。とても深くて、芯が通っている。

  • 誰もが一度は読んだであろう、メーテルリンクの『青い鳥』。
    この物語に出て来る「青い鳥」は、幸せの象徴としてよく知られている。

    私も子供の頃に、この「青い鳥」を読んだ。
    そして、「あんなに大変な旅をしたのに、こんな所にいたの?」と、
    物語のラストには本当に驚かされた。
    その頃は、ただのお話としか捉えていなかったけれど、
    これを「幸福論」としてまた違った意味で捉え、見方を変えてみると、
    実に様々なことが見えてきそうな気がする。

    幸せというものについて、五木氏が考える「幸福論」。

  • ■説明
    メーテルリンクの青い鳥からの考察

    ■感想
    教訓的な話だった。相性があるのかいまひとつ心にひびかなかったので。

  • 五木寛之氏の「青い鳥」に対するエッセイ。コレいつ買ったのかな。小6くらい?あの頃の私にはちょっと難しかった。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

五木寛之(いつき ひろゆき)
1932年福岡県に生まれる。生後間もなく朝鮮半島にわたり、1947年引揚げ。
代表作に『蒼ざめた馬を見よ』『大河の一滴』、近著に『歎異抄手帳』『捨てない生き方』などがある。

「2022年 『五木寛之セレクション 第Ⅰ巻 【国際ミステリー集】』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五木寛之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
スペンサー ジョ...
ヘミングウェイ
フランツ・カフカ
三浦 しをん
吉本ばなな
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×