人生案内―夜明けを待ちながら (角川文庫)

著者 :
制作 : 五木 玲子 
  • 角川書店
3.52
  • (4)
  • (6)
  • (14)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 71
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294321

作品紹介・あらすじ

人生はひどいものだけれど自分から投げ出すほどのものではない、というロシアの作家ゴーリキーの言葉が困難な今を生きる私たちの「鍵」になるのではないか。生まれながらの宿命は変わらなくとも運命の偶然とは必ず出会い、それが人生を豊かに変えてくれるのだから。受験、就職、病気、年齢、生きがいとは-。私たちの切実な問いに作家五木寛之がともに悩み、ともに答えを模索した人生のガイドブック。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 眠れない夜中に、お茶を飲みながらひそひそとお喋り‥自分の悩みを伝えて相手の意見を聞く‥そんなイメージの本です。五木氏の言葉は押し付けがましくないのがいい。

  • 高校生や大学生が、なんとなく詰んでるなあっていうときに読んだらいいんじゃなかろうか。

  • 著者へ一般の人からの悩みについて、回答することにより、生きていく過程で起きる悩みや戸惑いに丁寧に答えています。なるほどと思わせるところもあり、今でも十分に通用します。出版されたのは十年以上前ですが、同じような悩みが未だに日本で続いています。何かこれというものを多くの人が見つけられたらと思いながら読みました。
    ◆図書館

  • 09/3 ★★★★☆

  • 読書感想文を書いた本。この人もちょくちょく読んでた。。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家

「2018年 『人生百年時代の「こころ」と「体」の整え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

人生案内―夜明けを待ちながら (角川文庫)のその他の作品

五木寛之の作品

ツイートする