愛について―人間に関する12章 (角川文庫)

著者 : 五木寛之
  • 角川書店 (2004年6月発売)
3.59
  • (7)
  • (5)
  • (15)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :70
  • レビュー :8
  • Amazon.co.jp ・本 (252ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294376

愛について―人間に関する12章 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • I was gently sympathized with the author's idea about love. Concerning love, there is variety of styles, and all of them are not improper. I was deeply impressed by the chapter about the silent love.

  • ポリネシアンに尽きる

  • 2011.09.15.読了

  • 「情報社会とは、みずみずしい感性を伝え合う社会」
    「人生の幸福は、どれだけの感動を得たかによって決まる」
    「人間が相手とつながりたいという愛情が発露したものが性」
    「物も人も縁あるものが出会い、愛し合い、物語を作る」
    「心に愛を持ちたいのなら、大いに愛の言葉を語るべし」
    「自然に、おのずからなるものに導かれて」
    本当に本質を得たことがたくさん書かれていて、五木さん、勉強になりました。

  • 2006.4.8 松島にて

    先日講演を聴いたばかりだったので
    ☆アウシュビッツ
    極限状態におかれたとき、人は何によって
    生き延びるのか 感動
    精神的に高い生活していて繊細な人間のほうが
    頑強な肉体の持ち主より過酷な収容所生活を
    耐え抜いた
    ☆小さいものへの愛と感動が人間を生かす

  • 05/05/27

  • フムフム。様々な愛が綴られてます。同感。

全8件中 1 - 8件を表示

愛について―人間に関する12章 (角川文庫)のその他の作品

五木寛之の作品

愛について―人間に関する12章 (角川文庫)に関連する談話室の質問

愛について―人間に関する12章 (角川文庫)はこんな本です

ツイートする