気の発見 (角川文庫)

  • 34人登録
  • 3.64評価
    • (2)
    • (5)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2009年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294390

気の発見 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 気のつく言葉が日本語に多いという指摘。気は実体としてとらえられず測定できないが,あるように感じられる主観的経験は測定できる。気が何らかの法則性を持って機能しているならば将来的に測定することは困難ではないだろう(機器の問題はあるけれど)。いや,構成体としての気ということも考えられる。そうであればアプローチは異なる。
    などと頭で考えるより,そこにある現象をいかに解釈し,自分の世界に取り込めるか,または,理解不能なものととして自分の世界の外にとどめておくか,そんな感じがした。

  • 職場でお勧めされて読みました。

  • 目にみえないけれど存在する物はある。気もその一つ。
    愛だとか憎しみだとか、形はないけど存在の大きさは生きてて実感できる。

  • 対談です。ホンマかいな、ってところも多々ありますが、それでも役立てられる記載はかなり多いと思います。気楽に読めるので、ぜひどうぞ。

全5件中 1 - 5件を表示

気の発見 (角川文庫)のその他の作品

気の発見 単行本 気の発見 望月勇

望月勇の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする