霊の発見 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 29
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294406

作品紹介・あらすじ

聖地、寺、鎮守の森。日本には、人の祈りや思いが篭った場所がたくさんある。合格祈願、商売繁盛、必勝祈願。崇り、ばちあたり、お祓い。目に見えないものに捧げる小さな祈りは、常に我々の身近にある。日本人は、長い時間をかけて霊的な力を感じてきた。時代が読めない、先行きが見えない、一種の社会的不安の中で、その感覚は際だっている。人は、畏れることをもう一度回復する時代にきている。宗教哲学者と作家が、霊性という謎に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・3/15 読了.やっぱり宇宙を支配する自由意思というものが神道でいう神であり、この対談でいうところの”霊”ということなんだな、なんとなく.でも霊性にとっておどろおどろしさや奇跡、恐怖なんかはいらないな.人間には計り知れないわけだから当然のごとくの畏敬、畏怖だけで十分って気がした.

  • 本のタイトルから幽霊といった類の直接的な霊、霊魂といったものを期待して読み始めたが、霊性や畏れといった自然界のエネルギーとしての世界について語り合う大きくとらえた対談
    面白い視点だったと思う。。自殺者を例に五木氏が語る心のうちに宿している世界があるかないか…拠り所を持っているかいないか、そして現代は拠り所を持たず心がさまよっている感じがしてしかたないという言葉に考えさせられた

  • 鎌田さんが不眠に陥った理由が面白かった。五木さんは霊は信じてないけど霊的なものは信じてる感じ。この発見シリーズでは気の発見が1番面白い。

  • 全体的に割と軽い印象の内容だったかな。
    明治期以降の国家神道によって排除されてしまった神道のある種ドロドロとした負の側面と、各地の土俗の多種多様な祝祭儀礼と混成した神道を復活させるべきという点に納得。

  • 日本の精神風土を考える上での一助となった。ただ対談からか、やや物足りない。もっと突っ込んで欲しい気がする。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

作家。1932年、福岡県生まれ。朝鮮半島で幼少期を送り、引き揚げ後、52年に上京して早稲田大学文学部露文科に入学。57年に中退後、編集者、ルポライターなどを経て、66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門 筑豊篇』ほかで吉川英治文学賞、2010年『親鸞』で毎日出版文化賞特別賞受賞など受賞多数。ほかの代表作に『風の王国』『大河の一滴』『蓮如』『下山の思想』『百寺巡礼』『生きるヒント』『孤独のすすめ』など多数。

「2022年 『人生のレシピ 人生百年時代の歩き方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五木寛之の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×