神の発見 (角川文庫)

  • 角川書店(角川グループパブリッシング)
3.45
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041294413

作品紹介・あらすじ

キリスト教を考えることは、日本人の信仰心を照らし返すことだ。「私たちはいま、与えられた教えをそのまま受け入れるのではなく、人生を根っこで支えてくれる自分だけの信仰を育てていくことが、大切なのではないか」。カトリック司教は、冬山で神の存在を確信した。「信仰とは、遙か遠くに輝き、闇の中で寒さに凍える私たちを、支え導く光である」。仏教者である作家と、開かれた信仰の持ち主である司教が、あますところなく語り合う。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 積読だったが、気が付いてやっと読んだ。五木寛之とカトリック教会司教の対談。仏教とキリスト教の比較。五木は特に浄土真宗に詳しいのでその辺からの突っ込んだ話が興味深い。自分自身、身内の葬儀の時に浄土真宗のお坊さんの話を聞き、あれ、これはキリスト教の教えに似てるのではないか、、、と思った体験がある。仏教の中でも悪人正機説の浄土真宗が特にそのようだ。

  • 五木寛之と森一弘の対談。キリスト教と仏教を中心に、宗教で通じるものとは何か、現代の宗教観とは、など幅広い宗教の話。かしこまっておらず、肩の力を抜いて宗教に触れられる。
    以前から宗教に興味はあったのですが、関連する本はどれも難しすぎたり偏りすぎたりして中々読めませんでした。本書は異なる宗教に属するお二方がユーモアを交えながら対談されているのでとても読みやすいです。

  • カトリックと日本仏教(ここでは主に真宗)との宗教としての共通点、神に向き合う人々、神を必要とする人々の共通点をさぐる。
    アメリカのキリスト教(プロテスタント)はやはり別物か。

  • 普段 宗教ものには手を出さないのだが
    ココロが弱っていたのか 何となく 手にとって 買ってしまった

    そういう私は 対談相手である 森司教様と同じカトリックではあったりする


    読んでいて 改めて感じたこと
    私は森司教様に直接お会いしたことはない
    でも 私の知っている神父様シスター方と 同じだ
    絶対に 相手を否定しない
    私がどんなに狡くとも 意地が悪くとも おかしな事を言っても 否定しない
    ちゃんと 聞いてくれて 肯定してくれて 支えてくれる
    結果 間違って 私が打ちひしがれても、やけになっても それでも 側にいてくれる

    私は 神様を信じているのではなく
    神様に仕える方を信じて そして 好きなんだろうな


    森司教様の言葉を読んで そんな事を考えて なぜか 泣けてきた

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1938年、神奈川県生まれ。85年、司教に叙階。財団法人真生会館理事長として、講演活動、執筆活動、黙想指導等に携わる。主な著書に『人の思いをこえて』『信徒の霊性』『カトリック司教がみた日本社会の痛み』『心の闇を乗り越えて』『しんげん』『人はみな、けなげに生きている』など多数。

「2016年 『神の発見』 で使われていた紹介文から引用しています。」

神の発見 (角川文庫)のその他の作品

神の発見 (角川文庫) Kindle版 神の発見 (角川文庫) 森一弘
神の発見 単行本 神の発見 森一弘

森一弘の作品

ツイートする