美しい村 (角川文庫 緑 298-7)

  • 11人登録
  • 3.00評価
    • (0)
    • (0)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 立原正秋
  • KADOKAWA (1972年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041298077

美しい村 (角川文庫 緑 298-7)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親父から譲り受けたシリーズ。まさかの同題で堀辰雄では無いという(笑)。でも、内容はなかなか迫るものがあった。表題作よりも、ユダの裏切りをユダ視点から描いた中編「血の畑」が渋い。自分の宗教観に絶対的な自信を持っていたユダも、イエスと過ごすことで自分を見失いかける。自分を取り戻す為、自分の行動を「自分で選択する」という行為、それが「裏切り」だった。これを「誰にも介入できない美の永遠」と捉えるあたり、渋い。でもやっぱり、全体的にやや難解だった。

  • 何か買って頂いた方に差し上げます。

全2件中 1 - 2件を表示

美しい村 (角川文庫 緑 298-7)のその他の作品

美しい村の詳細を見る 単行本 美しい村 立原正秋

立原正秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

美しい村 (角川文庫 緑 298-7)はこんな本です

美しい村 (角川文庫 緑 298-7)を本棚に登録しているひと

ツイートする