男性的人生論 (角川文庫 緑 298-10)

  • 13人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 立原正秋
  • KADOKAWA (1976年6月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (188ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041298107

男性的人生論 (角川文庫 緑 298-10)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 昭和46年から47年にかけて「諸君」「潮」に連載されたエッセイ。何箇所か興味を引く表現があった。社員教育につき「どうせ社員に情操教育するのなら、会社のためにはまったく直接には役立たない教育を施すべき…。江戸時代の春画などを見せて説明し、…美なるかたちを鑑賞してもらう。現代人は遊びの精神を身につけることを…すっかり忘れている。」や、学校での道徳を授業化することにつき「道徳教育の根源的方法は、自律的な行為主体の形成に待つよりほかはない…道徳の時間を設け…たところで、…自制心を取り戻せるはずがない。」等である。

  • この頑固なまでの硬骨がうれしい

全1件中 1 - 1件を表示

男性的人生論 (角川文庫 緑 298-10)のその他の作品

男性的人生論の詳細を見る 単行本 男性的人生論 立原正秋

立原正秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

男性的人生論 (角川文庫 緑 298-10)はこんな本です

ツイートする