鎌倉夫人 (角川文庫 緑 298-20)

  • 25人登録
  • 2.73評価
    • (0)
    • (1)
    • (7)
    • (2)
    • (1)
  • 4レビュー
著者 : 立原正秋
  • KADOKAWA (1981年5月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (276ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041298206

鎌倉夫人 (角川文庫 緑 298-20)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この人の作品が好きだ

  • 大衆小説かな。
    私には良さがわからなかった。

  • 立原正秋初読。
    父の本棚より。

    恋愛の書き方としてとても効果的な人物配置、描写をするひとだなあとおもう。

  • 古書市で見かけた本。父がやっていた鎌倉の医院を守るため、いとこのプロポーズを断って医者と結婚した主人公。しかし夫は、父が晩年に結婚した義母と公然と関係を持っている。悩みを打ち明けてしまういとこは遊び人でそこかしこに愛人がいて・・・。男難というか登場する女性たちがいい加減な男たちに振り回される話。さすがに昭和41年の小説でやや感覚的に古めかしい部分も感じるが、全体としていい意味で通俗的でリーダビリティは高い。終盤は少々意外な展開。また作者が鎌倉に長く住んでいただけあって、行動範囲の距離感が地元民には非常に分かりやすくその部分でも大いに楽しめる。

全4件中 1 - 4件を表示

立原正秋の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鎌倉夫人 (角川文庫 緑 298-20)はこんな本です

ツイートする