小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)

  • 30人登録
  • 3.71評価
    • (1)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
制作 : 角川書店編集部 
  • 角川書店(角川グループパブリッシング) (2012年7月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (573ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041300220

小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 米澤穂信の古典部シリーズ、『鏡には映らない』だけ読みたいがために借りた。
    ので、継続的に読んでいる訳では無いので連載などは全く手を付けていない。
    そのため、評価は控えておく。

    『鏡には映らない』
    摩耶花視点で奉太郎の謎を解くという、ちょっと珍しい形式。
    正直な感想、ここで人間関係が更に変わると今後の展開は大丈夫なのか、ちゃんと書いてくれるのか、と心配。ただでさえ二年生になってから内部的な変化が大きいというのに。

  • 古典部シリーズが読みたくて。
    まやかの一人称で、今回は彼女が探偵役に。
    まやかの容赦ない正義感と、中学生のころのほうたろうの意外に男前なエピソードを楽しめる。
    でもこれで語られるエピソードを踏まえると、『氷菓』でほうたろうに久しぶりに会ったまやかは若干不自然な反応のような。
    「会いたくなかったわ」は一種の親しさの表現のように思えたので。

    ちなみにみんなが大好きなえるたそはほとんど出ません。

  • 「鏡には映らない」米澤穂信
    摩耶花も奉太郎もいいやつだなあ。

  • 2012/08/22

    Osaka Prefectual Central Library

  • 古典部シリーズ最新作掲載とのことで。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
米澤 穂信
米澤 穂信
米澤 穂信
米澤 穂信
有効な右矢印 無効な右矢印

小説 野性時代 第105号 KADOKAWA文芸MOOK 62332‐08 (KADOKAWA文芸MOOK 107)はこんな本です

ツイートする