人民は弱し官吏は強し (角川文庫 緑 303-1)

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (284ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「人民は弱し官吏は強し」5

    著者 星新一
    出版 角川文庫

    p275より引用
    “そこにはただひとつの教訓があるだけです。
    われわれが持っている現在の文明には、
    まだ大きな欠陥があるという教訓が。”

    ショートショートの代名詞とも言える著者による、
    著者の父の活躍と苦闘を描いた一冊。
    大正時代に製薬会社を経営し斬新な事業を立ち上げながらも、
    それを妬む敵に足を引っ張られる様子が書かれています。

    上記の引用は、
    著者の父・星一氏の株主総会での一言。
    大正時代が終わって80余年経ちますが、
    文明の持つ欠陥は少しは正されたのでしょうか?
    解説の中ではさらに酷くなっていると書かれており、
    今現在でも良くなっているようには思うことができません。
    読んでいる途中で胸糞悪くなりますが、
    歴史的事実として忘れてはいけない出来事だと思います。
    いつの時代でも人が嫌がることを楽しむ輩は、
    常に一定数存在してしまうのかも知れません。
    とほほです。

    ーーーーー

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

人民は弱し官吏は強し (角川文庫 緑 303-1)のその他の作品

星新一の作品

ツイートする