きまぐれ博物誌 (角川文庫 緑 303-5)

著者 :
  • KADOKAWA
3.31
  • (1)
  • (8)
  • (23)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 106
感想 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303054

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 星新一の先見の明はすごい。

  • 小説かと思って買ってしまった

  • エッセイ

  • 星新一は未来が見えたんだと思う

  • エッセイは基本的に読まないんだけど、
    この人だったらいいかなって思いました。

    未来をよく考えてるなぁ、と。

    そして、実現してることと、してないことの入り混じった未来予想を、
    今読んでいるってことがおもしろいなぁとおもいました。 

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1926‐1997。東京生まれ。東京大学農学部卒。1957年、日本初のSF同人誌「宇宙塵」に参加。「ショートショートの神様」といわれ、1001編を超す作品を生み出した。日本SFを代表する一人。

「2020年 『きまぐれ学問所』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星新一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×