地球から来た男 (角川文庫 緑 303-9)

著者 :
  • KADOKAWA
3.46
  • (13)
  • (25)
  • (73)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 285
レビュー : 15
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303092

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ショートショートと言うにはちょっと長めで、大人向けのダークでにブラックな星新一。

    「あと50日」会社の帰りに、影から囁かれた男は、残りの人生の日にちが迫っていることを知る。覚悟を決めて起こした行動とは…。

    SF要素のある作品は少なく、表題作を含め、そのまま何の工夫もなく舞台脚本になるような話ばかり。星新一のSF以外のオハコである、悪魔との契約物が数本である。

    ショートショートではないとは書いたが、やはりいかに短い文章で主人公の位置やキャラクターを印象づけるため、失業したという定形からスタートするものが多いのは、ショートショート構文なのだろうな。

    最後の1~2文でストンと落とされたり、ひっくり返されたりというものはないので、電子書籍初心者にはおすすめしたい1冊である。

  • 面白い話ばかり16篇。
    表題作は何回読んでもニヤッとする。

  • 16編の短編集。この本の厚さでこの量ですから、星新一にしては長めのショートショートが多かったかもしれません。ジャンルも地球や世界に関わる大舞台の話から、政治に関わる話、夢や催眠と言った個人レベルの話と一定のまとまりがあるわけではありませんでした。面白いものが多かったかな。以下、お気に入り。

    「夜の迷路」
    何のとりえもない男がある日を境に声だけの女と夜の徘徊デートを始める…。
    「もてなし」
    不思議なバッチをもらった男はあらゆる人からおもてなしを受けるが…。
    「あと50日」
    「あと50日でございますよ」ある日突然現れた男は毎日毎日日にちをカウントダウンしていく…
    「包み」
    ぱっとしない絵描きに預けられた一つの包み。中身は何か、絵描きは想像を膨らませる…。

  • 私は、星新一氏の作品が好きです。
    この本も、元は父親の本で、カバーも無くて本の古いにおいも染みついちゃっています。
    それでも、いまなお、この歳になってもまた読み返してしまう本です。
    弟と一緒にあの話が面白い、あれは怖い、云々言いながら読みます。

    ショートショートの生みの親、星新一さん。
    なにか1つの作品を取り上げるというよりは、全体通して思う事ですが、
    星新一さんの作品は一つ一つは短いのに、重い。
    さいごにずしってくる。
    イメージはこどもの世界(これは私の主観)だったのに、読了後の不快感。
    不快感って表現は合ってない気もしますが、すっきりはしないのです。
    それであって、ああこりゃあ私にもありそう、って思って怖くなる。
    そういうことがしょっちゅうあります。

    だから、一度読むとしばらく読みたいとは思いません。
    でも、しばらくしてまたふと手にとって、軽く読みたくなって、読めてしまうのです。

    そんなところが好きです。

  • 星新一さんのショートショート。ほんまどれも面白い!いつもどこから、こんなユニークな発想がでるのか不思議です。

  • 星新一さんのショートショート。まぁこれは解説するまでもないけど、楽しませていただきました。<br>
    「もてなし」のブルギさん、「住む人」、「ゲーム」が特におもしろかった!<br><br>

    地球から来た男/夜の迷路/改善/もてなし/ある種の刺激/あと五十日/包み/密会/住む人/はやる店/ゲーム/戦士/来客たち/疑問/向上/ある日を境に/能力

  • 星新一の短編小説集。<BR>
    どれも最後にオチがあって面白いです。

  • またまた星さんの短編集。だいすきなんですよ!

  •  オチがあるよーなないよーな。面白いというわけではないけど読んでしまう。

  • 表題作はもう1つの『猿の惑星』ってところか。
    「もてなし」は作者得意の謎人物系で面白かった。

全15件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1926‐1997。東京生まれ。東京大学農学部卒。1957年、日本初のSF同人誌「宇宙塵」に参加。「ショートショートの神様」といわれ、1001編を超す作品を生み出した。日本SFを代表する一人。

「2020年 『きまぐれ学問所』 で使われていた紹介文から引用しています。」

星新一の作品

ツイートする
×