声の網 (角川文庫 (6236))

著者 :
  • 角川書店
3.42
  • (3)
  • (2)
  • (14)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 57
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303122

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今読み返すとかなりホラー。40年前の作品だが、タイトルの"網"をネットと読み替えれば作者の洞察に改めて唸らされる。
    電話は普及し続け、記憶が情報バンク=クラウドに外部化。その情報がすべて混濁したらどうなるか?
    キングも「セル」を書いていたけど、情報のパンデミックってもう起きてるのか、これからなのか。

  • 話が進むにつれて、ようやくタイトルの意味を理解。実際にこんな事が起きたら嫌だなぁと思いつつも、知らなければ結構幸せなんじゃないかと思ったりもしました。

  • タワーマンションの1階から12階までの住人を順に主役に置いた連作短編。
    コンピューターが意識を持ち、人を試し、制していく。

    久しぶりに読み返した。
    今読んでも全然古臭さを感じない。ブラボー!

    〔自書・再々読・5/7読了〕

  • 1970年発表の本作は正にネット社会の今を警告しているかに読める。星新一の先見性及び空想力、恐るべしの一作。

  • 2017.1.12(木)¥100+税。
    2017.2.1(水)。

  • マンションの住民の周りに起きる不思議な事件。1F〜12Fまで計12話を通して何が起こり、何に収束するのか。
    ≪評価≫
    インパクト─B
    本の厚さ─C
    登場人物の濃さ─D
    共感度─C
    読後の成長性─C
    話のスケール─C
    笑い─D
    暖かさ─C
    敵か味方か?度─B

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

声の網 (角川文庫 (6236))のその他の作品

星新一の作品

ツイートする