あれこれ好奇心 (角川文庫)

著者 :
  • 角川書店
3.42
  • (4)
  • (6)
  • (20)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 108
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041303160

作品紹介・あらすじ

ショートショート千篇記念に休筆なるものをやった著者は、視野がひろがってしまった。スパイが実は平和の戦士であり、カカシはキリスト教と関係があり、ヒトラーによる東条英機暗殺計画の話を思いつき、忠臣蔵の浅野内匠頭の凶行の原因のなぞに挑む。ショートショートの形をとった無類のエッセイの数々。発想をネタに、いっしょに「休筆」を楽しんでみませんか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015.6.2(火)¥100+税。(-2割引き)
    2015.7.6(月)。

  • ショートショート一千編筆了後に書かれたエッセイ。
    星さんの発想の広がりが見えるようで面白い。

  • 星新一のアイディアの豊富さに驚嘆。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

星 新一(ほし しんいち)
1926年9月6日 - 1997年12月30日
東京生まれの小説家、SF作家。作品の多さ、質の高さから「ショートショートの神様」と呼ばれており、多くの教科書で収録もされてきた。森鴎外は母方の大伯父にあたる。
主な著作に『ボッコちゃん』、『盗賊会社』、『宇宙のあいさつ』、『気まぐれロボット』などがある。伝記としては最相葉月 『星新一 一〇〇一話をつくった人』が優れている。

あれこれ好奇心 (角川文庫)のその他の作品

あれこれ好奇心 単行本 あれこれ好奇心 星新一

星新一の作品

ツイートする