犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)

著者 :
  • KADOKAWA
3.87
  • (283)
  • (320)
  • (380)
  • (15)
  • (0)
本棚登録 : 2235
レビュー : 234
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784041304051

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 横溝正史の代表作の一つ。
    映画の方を先に見ました。

    どちらがいいかは微妙なところですが、面白いことは確かです。

    特に、随所随所に伏線が張っており、最後きちんと回収されることはさすがです。

    映像にすると、結構ショッキングですが、文字で読むとそれほどでもないことが不思議です。

  •  一言で言えば普通に面白い。
    当時日の出の勢いだったカドカワ映画の第一号(の原作)ということで知名度も高い。
    それはお釜帽に袴姿、そしてもじゃもじゃ髪という原作のイメージに忠実な金田一像を作り上げ、それまでにあった「洋装の金田一耕助」という原作無視の憤慨物を全て黒歴史にしてしまうインパクトを持っていた。
    他にも湖から足だけ突き出した死体や白い不気味な顔マスクなど強烈なビジュアルイメージを残し、流石は実質第一作となる金田一映画の原作に選ばれただけのことはある。

     が、
    本作の映画も実は細かい所が結構原作と違うため、純粋に推理小説を楽しみたいなら原作本がお勧めだ。
    特に本作の影の主役とも言える犬神佐兵衛を巡る人間関係は映画だとなかなか掴みきれないし、あまつさえ省略すらされる事があるので注意が必要。
    本作のトリックは殺人の方法やアリバイ工作などというものではなく、タイトル通り「一族」の血縁関係にあるのだ。

  • めちゃおもだった

    古典だから難しいんじゃないかと思ってたけどとても読みやすくて一気に読んでしまった
    すっとんきょうな推理をしながら読むのが好きなので、金田一が実はこうなのではないか、といろんな案を作中で言い出すのがおもしろかった。ミステリーの探偵って作中全部わかってるんですよ、ってかんじで最後に答え合わせしかしないタイプばかりなので新鮮だった。まさか古典で新鮮さを味わえるとは…

    江戸川乱歩みたいな薄暗い雰囲気も多少あったけどぜんぜん湿っぽくなくてそこもよかった

    ほんとは八つ墓村を勧められたのでそれを買うつもりが間違えて(笑)こちらを手にとってしまったのだけど、金田一シリーズのとっかかりとしてはとてもよかったのかもしれない

  •  古谷一行金田一版も、石坂浩二金田一版も視聴済みである。ゆえに、犯人も動機もトリックも、そして犯罪の特異性(意思の連絡なき事後共犯。ただし実際は、行為・実行行為の共同や加功がなく、共犯ではなく別罪?)も判っている。

     が、それでも心象と行動の両面で恐怖を惹起するホラー・ミステリー小説だ。ネチネチした叙述がそう感じさせるのだろう。特に、青沼菊乃・静馬母子をリンチに掛けた松竹梅三姉妹の言動のおどろおどろしさには絶句。映像版より生々しく凄惨である。

     一方、犬神左兵衛翁や松子の心奥については、多少救いようのある処に落着させているのは意外に感じた。静馬の珠世への態度・行動も同様だろう。
     つまり、悪党一辺倒には描いていないところが原作小説の特徴なのかもしれない。
     
     松子のそれはラストの数行で語られるだけだが、とってつけた感はしなかった。それは父・犬神左兵衛翁に対する骨の髄までしみ込んだ恨みという感情が、妹の竹子・梅子と長く共感する関係にあったからだろう。

     一方で、娘に恨まれた犬神左兵衛の遺言が、真に恋しい人へのラブレターと、その忘れ形見の子に対する防衛用道具の如き内実を備えている件。
     松子らが、左兵衛翁の意図に気付くシーンではこちらも唸らされてしまった。

     このように、結末や犯人を知って読んでも充分楽しめるし、また結論を知って読めば、逆に伏線とミスリード目的の叙述の塩梅の絶妙さに気付かされる。
     非常に練って、また考えられて書かれているのが伝わってくる。そんな小説である。

  • 佐清と静馬の入れ替わりのタイミングが絶妙ですね。
    真犯人は単純なことしかしてないのに、佐清たちのふるまいがこんなに事件を複雑にするとは。
    真犯人がしでかしたことが単純な分、真相が明らかになった時のスッキリ具合が引き立つと言うか。
    戦争と復員など、当時の情勢が引き起こしたという引き合いもあり、歴史的なものを感じたりもします。
    映像化のために書かれたものではないんでしょうけど、映像がくっきりと浮かぶ。名作。

  • 昔読んだことあったか、微妙なのですが、もっと堅そうなイメージなのに、おまわりさん、とか出てきてかわいかったりする。
    時代の感じがのどかでよいです。しかし金田一は2か月もとどまっていて良いんだろうか、普通もっと事件のサイクル短くするか、一度帰ったりしませんかね、とちょっと気になる。まぁ戦後でのどかだったから、とか無理やり納得する。
    最後の母の情は好き。

  • 1976年石坂浩二版映画の印象が強すぎて、佐清のセリフがあおい輝彦ボイスで脳内再生される。

    那須ホテルの女中役の坂口良子が、金田一に朝ごはんを給仕して「これ全部あたしが拵えたの。どれが一番美味しかった?」と聞いて、金田一が「うーん、生卵」と気の無い返事をした後の「もうっ!」という表情は、映画史上最高に愛くるしい怒り顔。
    全然原作のレビューになってない…

  • 初横溝正史。
    あんまりにも有名なので、そのタイトルからある程度のイメージを持ってはいたましたが、予想以上の複雑な愛憎模様でした。
    過不足無く、流れるようなストーリー展開はさすがの名作。
    個人的には、オチは明白であるのに犯人とトリックが分からないという複雑な作品。
    他の横溝作品を読んでないのでどうだか分からないけど、探偵物というよりは心理物という印象を受けました。
    とりあえず、他に有名な獄門島と八つ墓村、あと悪魔が来たりて笛を吹くを読んでみたいと思います

  • 初・金田一耕介。グロテスクで暗くて暗澹とした気分になるミステリだと思ってましたが、そうでもなかったです。連続殺人事件が起こるなかでも無邪気な金田一のキャラクターにホッとしたり。犯人だとわかってからの方が好感度があがったり。あの最後を大団円としちゃうのはどうかと思うけど、まぁ前向きととれなくもない。相次ぐ事件の最中、吐き気を感じるほどの告白もありましたが、ほんのわずかながらでも明るさを感じられるというのが意外でした。事件そのものは金田一がいうように偶然の要素が多いし、ミスリードに持ち込もうとする手段はかなり強引。ですがトリックに凝るとか全ての事象を説明するとか理屈攻めのミステリではないですしね。昔の作品でもこれくらいの時代のものなら読みにくさもないし、舞台が想像できないほどかけ離れてもいないし。敬遠してたのが勿体なかったなと反省してます。

  • プールで佐清ごっこ。

全234件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

横溝 正史(よこみぞ せいし)
1902年5月24日 - 1981年12月28日
兵庫県生まれの小説家、推理作家。本名は同名で「よこみぞ まさし」。筆名を誤読した作家仲間にヨコセイと渾名され、セイシをそのまま筆名にするようになった。
1921年『恐ろしき四月馬鹿(エイプリル・フール)』が雑誌『新青年』の入選作になり、これが処女作とみなされる。 1926年に江戸川乱歩の招きに応じて上京、博文館入社。1927年『新青年』の編集長に就任、その後『文芸倶楽部』『探偵小説』等の編集長を務めながら創作活動を続けたが、1932年に同誌が廃刊となり、会社を退社。専業作家に。
金田一耕助を生む。第1回探偵作家クラブ賞(後の日本推理作家協会賞)長編賞を受賞した『本陣殺人事件』をシリーズ第一作として、以降多くの「金田一耕助」シリーズ作を残す。代表的な作品に、1947年『獄門島』、1949年『八つ墓村』、1950年『犬神家の一族』、1957年『悪魔の手毬唄』など。

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)のその他の作品

横溝正史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

犬神家の一族 金田一耕助ファイル 5 (角川文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする